小田原ラグビースクールの校長として指導、運営にあたる 小松 雅彦さん 県立小田原高校教諭 63歳

掲載号:2020年7月11日号

  • LINE
  • hatena

人生に通じる楕円球の魅力

 ○…コロナ禍からの活動再開に向け準備を進める小田原ラグビースクール。園児から中学生まで所属する組織のトップに就いた4月以降もコーチ陣とのオンライン会議が続くが「体が接触する競技の特性上、慎重にならざるを得ない。国内や世界の状況をみて万全な状態で臨みたい」。まずは子どもたちにラグビーの楽しさを再確認してもらいたいと前を向く。

 ○…生まれ育ちは福島県。高校から始めたラグビーで真っ先に思い浮かぶのは、雪中の練習でかじかむ指先。「どんな体格の子も平等に楽しめるとか、ラグビーの素晴らしさに気づくのは先の話だよ」と当時の厳しさを笑い飛ばす。大学院卒業後、教職に就く際に何か部活に関われるかとの問いにラグビーと答えたのが影響したか、初任校は強豪として知られた相模台工業高校(当時)。顧問として10年間で8回の全国大会を経験した。

 ○…しばらく競技から離れていたが、60歳目前に改めてラグビーに関わろうと、設立途中の小田原スクールに参画したのは「フロンティア精神ってのもあるけど、スタッフや保護者の競技に対する愛情が素晴らしかったから」と誇らしげ。校長の打診を快諾した春先に小田原高校へ2度目の着任が決まったのも巡り合わせ。加えて3人目の孫誕生など、仕事とラグビー以外の楽しみも訪れ、持ち前の明るさで日々を楽しんでいる。

 ○…「どっちに転がるか分からない楕円球、チームのために仲間にボールを託す。ラグビーは人生のような面白さがある」。泥臭いながらもそんなスピリットを学んでほしいと願う。再始動を前に「大きくなった時、良い思い出だったなと振り返ってもらえるよう、ラグビーの魅力を改めて伝えていきたい」と胸の内を語る。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

芥川 卓さん

小田原市倫理法人会の会長に就任した

芥川 卓さん

開成町在住 57歳

10月17日号

山本 博文さん

横浜銀行の理事・小田原支店長を務める

山本 博文さん

小田原市出身 55歳

10月10日号

栁下 正祐さん

10月1日付で小田原市教育長に就任した

栁下 正祐さん

小田原市寿町在住 65歳

10月3日号

初鹿 真樹さん

小田原バリアフリーマップづくりに取り組む作業療法士

初鹿 真樹さん

小田原市中町在住 43歳

9月26日号

松本 一彦さん

新町長として真鶴町政の舵取り役を担う

松本 一彦さん

真鶴町在住 54歳

9月19日号

古川 剛士(つよし)さん

湘南ベルマーレフットサルクラブのCEOを務める

古川 剛士(つよし)さん

小田原市荻窪在住 47歳

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク