高校新人陸上競技 相洋・旭丘・城北工 関東へ 各校伝統種目で結果残す

スポーツ

掲載号:2020年10月17日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県高校新人陸上競技大会が9月19日から27日にかけて行われ、小田原市内3校の選手たちが上位入賞を果たした。10月24日(土)・25日(日)に正田醤油スタジアム群馬で開催される関東大会へ駒を進めた。

相洋高

 全国屈指の強豪校は14種目で関東大会へ出場する。お家芸のリレーでは女子が4×100m、4×400mともに県を制覇。「リレーの相洋」の実力を発揮した。個人でも鶴澤亜里紗さん(2年)が100mと200mを制して4冠を達成。体力強化を図り、複数のレースを走り切る自信を掴んで、100mでは11秒87をマークした。「ダイナミックに走るのが強み。自分の走りで11秒7台を目指したい」と前を見据える。

 男子は高橋悠斗さん(2年)が100m・200mとも県王座に就いた。コロナ禍で大会中止が相次ぎ「全然走れていなかったので不安しかなかった」と漏らすも、「体力がもたず、まとめきれなかったが、その中で優勝できたのは良かった」と安堵の表情を見せた。一方リレーは4×400mでの出場を逃してしまい「せめて4×100mでは決勝にしっかり残りたい」と悔しさをにじませていた。

旭丘高

 小松碧海さんが男子走高跳で1m90を記録して県2位、1年生ながら関東行きを決めた。悪天候の中も「条件は皆同じ。逆にチャンス」と楽しむ余裕も見せた強心臓の持ち主は、90まで1発クリア。だが雨粒が目に入り、視界が霞んだという1m94を越えられず「失敗の修正もできて感覚は良かっただけに、悔しいです」と振り返った。

 163cmと小柄だが、身長をカバーするバネとフォームを追求し、高い修正力を身に付けてきた成長株。「あいつ、小さいけどすごい跳ぶ!という跳躍を関東でも見せたい」と意欲は十分だ。

小田原城北工業高

 加藤伊笛さんがやり投げで県1位(51m87)、中込佑多さんがハンマー投げで県2位(42m65)。2年生2人が自己ベストで関東へ挑む。

 中学時代は野球部だった2人。高校では先輩に憧れて陸上部に入部すると、肩の強さを生かして投てき種目へ。県大会では「楽しめた」という加藤さんに対し、「ガチガチに緊張した」という中込さん。関東に向け「55mを目指して頑張って練習していきたい」(加藤さん)、「練習の時のように45mを超えたい」(中込さん)と、決勝進出を目標に掲げる。顧問の鈴木充教諭は「コロナ禍でも意識を高く持ち、練習をよく頑張った。インターハイにつなげてほしい」と激励した。
 

城北工業の中込さん(左)、加藤さん
城北工業の中込さん(左)、加藤さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「カホン」作って叩こう

大村楽器店

「カホン」作って叩こう 文化

小田原の間伐材利用

10月17日号

新生児に10万円

湯河原町

新生児に10万円 社会

コロナ対策で独自支援策

10月17日号

寄付

寄付 社会

10月17日号

箱根の魅力を全国に

箱根の魅力を全国に 経済

温泉総選挙にエントリー

10月17日号

密避け呼びかけ

密避け呼びかけ 社会

赤い羽根共同募金

10月17日号

規模縮小し継続開催へ

箱根大名行列

規模縮小し継続開催へ 文化

今年は疫病退散を祈願

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク