コロナ対応に敬意のユリ オランダ大使の任で贈呈

文化

掲載号:2020年11月28日号

  • LINE
  • hatena
守屋市長(右)に花束を渡す河野さん(中央)と三浦さん
守屋市長(右)に花束を渡す河野さん(中央)と三浦さん

 駐日オランダ王国特命全権大使から11月12日、小田原市にユリの花200本が贈られた。大使からの任務を受け、守屋輝彦市長に花束を届けたのは、リリーアンバサダーの河野精一朗さん((株)花政代表取締役)と三浦竜さん((株)南関東花き園芸卸売市場勤務)だ。

 リリーアンバサダーはユリの多彩な魅力を伝える使者で、現在全国で100人が大使からの認定を受け活動している。今回のユリはぺーター ファン・デル・フリート全権大使が、新型コロナ感染症終息に向け地元住民を守るための尽力に対し、感謝と敬意を込めて贈ったもの。同様の贈呈は全国で順次行われており、神奈川県内では小田原市のほか、三浦さんの勤務地である厚木市にも寄贈された。

 アンバサダーの2人から手渡されたのはオランダのナショナルカラーでもあるオレンジ色のLA系統の品種。先日新種のユリが、スピードスケートの小平奈緒選手から名を取り「kodaira」と命名された縁があり、同じオレンジ色のユリが選ばれたという。

 両手いっぱいの花束を受け取った守屋市長は「花は心を癒してくれ、励みになる」と笑顔を見せた。2人は「花の魅力を感じてほしい。例えば小田原城をユリでいっぱいにする企画など実現できたら」と、今後のPR活動の展望を語った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook