芝生化取り組みを紹介 学校関係者ら参加

教育

掲載号:2020年12月5日号

  • LINE
  • hatena
講師の説明を聞く参加者
講師の説明を聞く参加者

 「コロナ禍における校庭芝生化セミナーin小田原」が11月21日、小田原市立下府中小学校で行われた=写真=。日本芝草学会校庭芝生部会主催、NPO法人下府中コミュニティShin2ほか協力。

 当日は、大井町教員委員会や近隣の学校関係者のほか、スポーツクラブ、グラウンドの芝生化に関心のある人たちが参加した。招かれた守屋輝彦小田原市長は「芝生のグラウンドは、子どもの成長過程に大きく影響を及ぼす。校庭の芝生化は管理や維持費など課題はあるが、新しい技術を取り入れながら広げていきたい」とあいさつした。

 セミナーでは、主催部会のこれまでの歩みやコロナ禍での校庭芝生化の取り組み、鳥取方式(ポット苗)による芝生化の事例などを説明。参加者は、真剣な様子で講師の話に耳を傾けていた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

酒蔵新設にCF(クラウドファンディング)

結婚する2人に思い出を

結婚する2人に思い出を 社会

6月27日 入籍イベント

6月19日号

尊徳翁の教えを学ぶ

尊徳翁の教えを学ぶ 文化

6月26日 第2回実践報徳塾

6月19日号

箱根町に50万円寄付

箱根町に50万円寄付 社会

国際ソロプチミスト小田原

6月19日号

七夕飾りづくり

七夕飾りづくり 文化

6月24日 ミニイベント

6月19日号

Chocolates from Odawara may save people in Africa

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Chocolates from Odawara may save people in Africa 経済

6月19日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter