曽我小学校 米作りの成果 児童が発表 今年は141kg収穫

教育

掲載号:2020年12月5日号

  • LINE
  • hatena
舞台上で演じる児童
舞台上で演じる児童

 稲作の体験を通じて、伝統の技術や食物への感謝を学んだ小田原市立曽我小学校の児童たちによる稲作報告会が11月27日、同校で開かれ、全校児童約100人が参加した。

 同校では毎年、地域住民の協力で、子どもたちが種籾から稲を育て、収穫、脱穀などを体験している。今年はコロナ禍の影響で、種を植える作業は教職員が行ったが、6月からは4〜6年生が田植え、稲刈りなどに取り組んだ。

 報告会では、児童たちが演劇を通じて学習の成果を下級生らに披露。台風被害に備え、植えた稲が風で倒れないよう杭やひもで支えるなど、さまざまな工夫で米作りに励んだ様子を発表した。

 同校の椿清一校長は「収穫量は141kgで、偶然にも今年は創立141周年。昨年の136kgを上回る収穫ができてうれしい。これからもこの伝統を続けていきたい」と話していた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter