小田原市 プレミアム付「観光券」発行 上乗せ分3割 電子決済で

経済

掲載号:2020年12月19日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの影響で低迷が続く観光関連事業の支援を目的に、小田原市はこのほどプレミアム付観光券(総額1億3千万円)を発行することを決めた。

 市の一般財源5700万円を活用するなどとした事業計画が12月11日の市議会定例会で可決。今後は国や県の補助金なども視野に入れながら取り組みを進めていく。

 プレミアム率は30%。1冊5千円(額面6500円)で2万冊を先着販売する。市外からの購入促進や支払い時の接触を避けるため、市としては初となるインターネットによる電子商品券となる。市内の観光、宿泊施設や土産物店に加え、観光客の利用を想定した飲食店や交通機関などでも使用できるようにする。

 当初は来年3月頃の使用開始を目指す計画だったが、ここにきて感染症が急拡大。市の担当者は「国が進めるGoTo事業の推移も見極めながら、適切な時期に開始したい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

事業者に独自支援金交付へ

小田原市

事業者に独自支援金交付へ 経済

国、県事業の対象外想定

2月13日号

市民意見受け計画修正

国府津駅周辺整備事業

市民意見受け計画修正 経済

ロータリー拡幅など反映

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク