三百年杉を伐倒 「噴火後に植林」言い伝え確認

社会

掲載号:2021年1月9日号

  • LINE
  • hatena

 旧小田原藩有林を引き継ぎ管理運営する「辻村農園・山林」(小田原市荻窪/辻村百樹代表)の山林で12月12日、杉の伐倒が行われた。

 「一番窪」と呼ばれる場所に立つ杉は樹高25〜30m、幹の直径1・1mの大木だ。関係者や招待された見学者ら約50人が離れて見守る中、ベテランのきこりチームが幹の根元に塩と米、酒を備えて作業を開始。周囲の木を折らないよう倒す方向を決め、正面に「受け口」、反対側に「追い口」という切り込みを入れていった。

 静かな山林にチェーンソーの音だけが響き約20分。「パチパチ」と音が鳴り出し、間もなくゆっくりと木が倒れた。切り株の年輪を数える=上写真=と樹齢310年と判明。辻村家には、富士山の宝永噴火(1707年)の被害から復興するため箱根から下のほとんどの木が伐られ、その後に初めて植林が行われたとの言い伝えがあった。「樹齢から考えて植林の1期生であることが確認できた」という辻村さん。無事に伐倒を終えて「年輪を見ると、時代のうねりを超えてきたのだと感じられる。今はコロナで大変な時期だが、それも乗り越えていくのだろうと思うことができる」と話した。

伐採された杉。幹に当てている赤白の棒は長さ8m
伐採された杉。幹に当てている赤白の棒は長さ8m

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

まちかどにおひなさま

まちかどにおひなさま 文化

ピアノカフェ伊勢治に展示

2月27日号

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー

【Web限定記事】企画展

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー 文化

箱根ガラスの森美術館で4月18日まで

2月27日号

一般会計は87億円

湯河原町新年度予算案

一般会計は87億円 政治

前年度比で12億円減

2月27日号

バットマンを日本初 舞台化

バットマンを日本初 舞台化 文化

NINJA館で番組収録

2月27日号

子育てとSDGsを学ぶ

真鶴町道草書店

子育てとSDGsを学ぶ 社会

地域の母親らと企画

2月27日号

アロマを体験

アロマを体験 文化

たかすけ自動車で

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク