湘南ベルマーレフットサル 「ヒサと共に」 きょう久光選手追悼試合

スポーツ

掲載号:2021年1月9日号

  • LINE
  • hatena
当紙のインタビューに答える久光選手。「人生とは生きている時間ではなく、何をやってきたかが大事だとも思う」と話していた。(2016年元旦号)
当紙のインタビューに答える久光選手。「人生とは生きている時間ではなく、何をやってきたかが大事だとも思う」と話していた。(2016年元旦号)

 がんの闘病を続けながら湘南ベルマーレフットサルクラブの選手として活躍した久光重貴さんが、昨年12月19日に39歳で死去した。いつでも全力を尽くすプレー、またピッチ外で見せる優しい笑顔で多くの人を勇気づけてきた久光選手。クラブは今日1月9日(土)、追悼試合「ヒサと共に」を開催する。

 久光選手がベルマーレに入団したのはFリーグ創設2年目の2008年、26歳だった。その2年後には日本代表入りするなど順調な道のりを歩んでいたが、31歳で右上葉肺腺がんが発覚。手術は難しく、抗がん剤治療をしながら選手としてプレーを続けてきた。

 最近は、中高生に講演で夢を持つ大切さを伝えたり、小児病棟を慰問し子どもたちを励ましたりピッチ外の活動も精力的に行ってきた。選手としては、昨年1月11日のヴォスクオーレ仙台戦が最後の出場となった。

 同クラブでは9日、小田原アリーナで行う対立川・府中アスレティックFC戦を追悼試合とする。会場にメモリアルコーナーやメッセージを書くスペースを設置する。午後4時キックオフ予定。

 奥村敬人監督は「久光はベルマーレで13年間、共に戦ってきた戦友です。彼が亡くなってしまったことはいまだに受け入れられない。まだベルマーレの一員としてピッチに立ってくれていると思う。彼とクラブの目標だった日本一を取って地域の方々にもっと愛されるクラブになり、永遠にクラブが続いていくよう共に戦い続けます」と思いを語った。

 ※記事に掲載している、1月9日湘南ベルマーレ vs 立川・府中アスレティックFC戦は、緊急事態宣言に伴い開催延期となりました。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

事業者に独自支援金交付へ

小田原市

事業者に独自支援金交付へ 経済

国、県事業の対象外想定

2月13日号

市民意見受け計画修正

国府津駅周辺整備事業

市民意見受け計画修正 経済

ロータリー拡幅など反映

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク