小田原市 「思いやりある作品ばかり」 中学生の主張 作品集配布

教育

掲載号:2021年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市と市青少年育成推進員協議会はこのほど「第35回中学生の主張発表作品集」を製作した。市内の中学12校から各校2〜3人ずつ計35人の生徒が選ばれ、学校生活を通じて考えたことや将来への希望、社会への提言など、各自の主張がまとめられている。

 作品集は約50ページ。生徒たちは「支えてくれた人たちへの感謝」のほか、「新型コロナウイルスの流行」や「レジ袋の有料化」「世界の貧困問題」「差別と区別」など、それぞれが関心を持つテーマについて綴っている。

 総評として小田原市の栁下正祐教育長は「さまざまな形の感謝の気持ちや、コロナ禍での他者への思いやりが感じられる作品が数多くある。大人が気付かなかったことや、忘れかけていたものを思い出させてくれる素晴らしい作品ばかり。これからも思いやりや気付きの心を大切に成長してほしい」とした。

 中学生の主張発表は例年、市が開催するイベント「青少年と育成者のつどい」の中で生徒が朗読して行われているが、今年度はコロナ禍の影響で昨年12月に市内で予定していた催しを中止。作品集の配布のみに変更し、市役所5階の青少年課で配布している(無くなり次第配布終了)。

 また同イベントでは「青少年善行賞等表彰式」も予定されていたため、市は後日、青少年善行賞受賞者3人に表彰状の授与する(1月12日現在、日程は未定)。受賞者は市内中学生の高橋慶伍さん、田上愛彩花さん、高校生の松野健太朗さん。ボランティアとしての地域イベントへの貢献や、災害時に避難者に支援物資を配布するなど積極的に活動し、いずれも市長表彰を受けた。

 (問)市青少年課【電話】0465・33・1724
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

まちかどにおひなさま

まちかどにおひなさま 文化

ピアノカフェ伊勢治に展示

2月27日号

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー

【Web限定記事】企画展

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー 文化

箱根ガラスの森美術館で4月18日まで

2月27日号

一般会計は87億円

湯河原町新年度予算案

一般会計は87億円 政治

前年度比で12億円減

2月27日号

バットマンを日本初 舞台化

バットマンを日本初 舞台化 文化

NINJA館で番組収録

2月27日号

子育てとSDGsを学ぶ

真鶴町道草書店

子育てとSDGsを学ぶ 社会

地域の母親らと企画

2月27日号

アロマを体験

アロマを体験 文化

たかすけ自動車で

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク