全国に轟け「鶴宝(かくほう)」 真鶴養殖岩ガキ 愛称決まる

経済

掲載号:2021年1月23日号

  • LINE
  • hatena
左から松本町長、愛称を考案した二見さん、皆木会長(真鶴町提供)
左から松本町長、愛称を考案した二見さん、皆木会長(真鶴町提供)

 5月に本格出荷を予定している真鶴町の養殖岩ガキの愛称が「鶴宝(かくほう)」に決まった。生産者団体の真鶴町岩沖岩牡蠣養殖事業推進協議会(皆木孝行会長)は、ブランド名で真鶴産の岩ガキを全国に広げていく考えだ。

 同協議会は、昨年8月末から9月にかけて愛称を公募。全国から465件の応募があり関係者で選考した結果、同町在住の二見和幸さん考案の愛称が選ばれた。二見さんは「後世に残す真鶴の宝となるようにという願いを込めた」という。皆木会長は「子どもたちの世代まで伝えられるような素晴らしい愛称」と手応えを語り、松本一彦町長は「二見さんが込めた願いに共感した。世界に向けて発信していきたい」と期待する。

真鶴の名産品に

 岩ガキの養殖は、真鶴町が新たな名産品にしようとカキの産地、島根県海士町との交流をきっかけに2015年度から取り組みを始めた。生食用二枚貝の養殖としては県内初となる。毎年12万6千個の稚貝を海に入れ育ててきており、今年から15万個に増やすなど力を入れる。牡蠣はロープで海中に垂下されており、地元の岩漁協の関係者が定期的に引き上げ、フジツボなどを削り落とすなどの世話をしている。

 新型コロナの影響で昨年5月に予定されていた試食会や試験出荷は中止となったが、13cm位まで大きくなるものあり成長は順調だ。岩ガキの滅菌出荷施設も完成し、将来的には年間10万個規模の出荷を目指すとしている。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

事業者に独自支援金交付へ

小田原市

事業者に独自支援金交付へ 経済

国、県事業の対象外想定

2月13日号

市民意見受け計画修正

国府津駅周辺整備事業

市民意見受け計画修正 経済

ロータリー拡幅など反映

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク