小田原市 感染症対策係を新設 ワクチン接種 整備進める

社会

掲載号:2021年1月30日号

  • LINE
  • hatena
係長事務取扱に就任した林副課長(左)に辞令を手渡す守屋市長
係長事務取扱に就任した林副課長(左)に辞令を手渡す守屋市長

 小田原市は新型コロナウイルスワクチンの接種体制整備を進めるため、福祉健康部健康づくり課内に感染症対策係を新設した。1月25日、守屋輝彦市長から同課の林万里副課長を含む8人に、辞令が手渡された。

 守屋市長はワクチン接種体制を確保するために昨年12月28日、今年度補正予算1億3140万円を専決処分した。ワクチン接種優先者の高齢者は、現時点で65歳以上の5万6000人を想定。国がワクチンを承認し次第、3月に接種券を送付する見込みだ。

 また、16歳以上の市民が2回接種するためには、33万回分のワクチンが必要となる。辞令式で守屋市長は「誰も経験したことがない事業。円滑に進めるために医師会、関係機関と調整しながら総力を挙げて取り組んでいきたい」とあいさつ。係長事務取扱に就任した林副課長は「正確な情報を分かりやすく伝え、希望する方が迅速に接種できるようにしていきたい」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook