無人販売で農家応援も 31日 BLEND PARKで

社会

掲載号:2021年1月30日号

  • LINE
  • hatena
これまでの無人販売の様子(写真提供・杉山大輔さん)
これまでの無人販売の様子(写真提供・杉山大輔さん)

 倉庫を利用したイベントスペース「BLEND PARK」(小田原市国府津2の6の17)で1月31日(日)、いちごや米などさまざまな地元産品の無人販売が行われる。午前11時から午後2時ごろまでの予定(状況により、変更の場合あり)。

 BLEND PARK運営者の杉山大輔さんによると、同会場での無人販売は昨年2月ごろ、コロナ禍でも地域の店舗や農家を応援しようと開始。今年に入り、緊急事態宣言の再発令後からは、ほぼ毎週末実施している。

いちご農園も試行錯誤

 同会場での無人販売出品者のうち、新鮮ないちごを出荷しているのは市内のいちご農園「AGRI WAYS」。例年1月から5月にかけ、いちご狩りに訪れる多くの人でにぎわっているが、同園の市川代表は「1月のいちご狩りの客足は、例年より9割近く減少している」と肩を落とす。

 少しでも安心していちご狩りを楽しんでもらおうと、今年は園内での飲食を禁止するなど感染防止対策を講じた「お持ち帰り」専用のいちご狩りを初めて実施。試行錯誤を重ねている。

 さらに、市川代表はBLEND PARKでの無人販売への参加も決め、今月は毎回30〜40パックほど出品。「完熟で新鮮ないちごが手に入る」と来場者からは好評という。市川代表は「無人販売に今後も参加したい」と意欲を示した。

 杉山さんは「これからも地域の生産者さんが必要とあれば、無人販売を続けたい」としている。

 問い合わせは、杉山さん【電話】090・5774・7313へ。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter