『小説信金破綻』を自費出版した 江坂 遼さん(本名:鍋島一博) 湯河原町在住 66歳

掲載号:2021年2月13日号

  • LINE
  • hatena

逆境を乗り越え今を歩む

 ○…2000年1月、前職の西相信用金庫の経営破綻が決まり11月に解散、失業した。自身を含め、在籍した174人の役職員や顧客、その家族が信金の破綻劇をどのように思い行動したかを、日記に付けていたものを破綻から20年の節目として出版した。「この経験は人生において大きな影響を受けた」

 ○…経営破綻の知らせを聞いた時「床が抜け落ち、自分が落ちていく感覚だった」と目を瞑る。当時46歳で妻と中・高校生の娘の4人家族。その後に不安を抱えながらも、人事課長として仲間の再就職先確保のため地元企業などを回った。日常業務をしながら破綻実務をこなす同僚や部下の姿に、いたたまれない気持ちになったという。

 ○…生まれも育ちも湯河原町。子どもの頃から読書好きで、ミステリー小説がお気に入りだったという。中学・高校では器械体操部で活躍。「大会での入賞経験もある」と誇らしげに笑う。神奈川大学法学部卒業後、西相信用金庫に就職。新人時代は人見知りを克服しようと、居酒屋で隣の人に声を掛け会話を練習するなど努力を重ねた。それからは顧客から信頼され、成績も上向きに。営業店では預金、融資、営業を経験し本部業務課では新商品企画開発を手掛けた。これまでの苦労や努力が今の気さくな人柄をつくった。

 ○…新天地に選んだのは保険業界。東京海上火災保険(株)代理店研修制度の契約社員として入社。3年間勤めトップの成績で卒業、地元に保険代理店(株)アイファーストを創業した。かつての仲間も社員に。「失業を経験したからこそ今の私がある」。休日は、健康のために自宅から真鶴半島を周る散歩を欠かさない。アットホームな雰囲気を大事にし、地域に愛され役立つ会社を目指す。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

井上 康樹さん

4月1日から箱根町の教育長を務める

井上 康樹さん

開成町在住 61歳

4月17日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月10日号

高橋 剛司(たけし)さん

ミナカ小田原の総支配人を務める

高橋 剛司(たけし)さん

小田原市城山在住 56歳

4月3日号

式町 水晶(みずき)さん

脳性麻痺を抱えながらもバイオリニストとして活躍し、今月個人事務所を設立した

式町 水晶(みずき)さん

小田原市中村原在住 24歳

3月27日号

根岸 亜美さん

オダワラブレイクの企画を手掛ける

根岸 亜美さん

大井町在住 27歳

3月20日号

日下部(くさかべ) 昌克さん

小田原市いこいの森の活性化や市内の各種イベント企画などに携わる

日下部(くさかべ) 昌克さん

小田原市飯田岡在住 51歳

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter