千代中学校 ピンクの布で「いじめ反対」

教育

掲載号:2021年3月6日号

  • LINE
  • hatena
ピンクの布を身に付けた生徒たち(千代中学校提供)
ピンクの布を身に付けた生徒たち(千代中学校提供)

 小田原市立千代中学校(栢本尚之校長)2年の生徒たちは2月24日、ピンク色の布を身に付けて「いじめ反対」の意思表示をする「ピンクシャツデー」運動を校内で初めて実施した。

 ピンクシャツデーはカナダから始まり、現在世界的に拡大している取り組み。賛同者が同じ日にピンク色の服や小物などを身に付けることで、いじめ反対の意思を表示する。

 同校2年の学年主任・山田ななえ教諭が1月、この取り組みを生徒たちに紹介。すると賛同した生徒から「ピンク色の布を学年全員に配り、身に付けるよう呼び掛けよう」との声が上がり、準備を進めてきたという。

 当日は生徒有志15人を中心に、長さ1m、幅10cmのピンク色の布を2年生全員のほか、教諭や事務員らにも配布。受け取った生徒や職員は、それぞれ鉢巻きやリボン、ネクタイのように巻くなどして「いじめ反対」を表明した。

 2学年委員長の本多航さんは「この活動を行うにあたり『自ら声を上げる大切さを考えてほしい』という思いを込めた。自分たちの力で、いじめのない世界を創っていきたい」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

グラウンドに歓声響く

グラウンドに歓声響く スポーツ

2年ぶりのマルクカップ

4月17日号

14人が養成講座を受講

14人が養成講座を受講 文化

小田原ガイド協会

4月17日号

聖火リレートーチを展示

小田原市

聖火リレートーチを展示 スポーツ

市庁舎ロビー 4月26日・27日

4月17日号

大人の塗り絵で入選

大人の塗り絵で入選 文化

デイサービス ふらっと

4月17日号

Students show their appreciation to doctors by messages

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Students show their appreciation to doctors by messages 社会

4月17日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter