意見広告 小学校3年生の35人学級の実施、他について質疑 小田原市議会議員 清水 たかお

掲載号:2021年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 市議会3月定例会予算特別委員会において、少人数学級(35人学級)の実施について審査しました。国の現行制度では、小学校1年生は1学級35人、2年生以上は40人となっています。先に国が示した方針により、令和3年度から段階的に35人学級の実施が決定しています。

 現在、神奈川県では、独自措置としてすでに小学校1・2年生の35人学級が実施され、本市でも小学校2年生まで35人学級が実現していますが、3年生については国の方針で、令和4年度からの実施となり、令和3年度の3年生は40人学級となってしまいます。

 本市独自の少人数学級の実施により、国に1年先行して令和3年度以降、段階的に6年生までの35人学級が実現することになります。

 総括質疑では、学級数増に対応するための少人数指導員の人材確保に向けた課題や、今後の中学校における35人学級の実施の必要性について質疑し、さらなる教育環境の充実を求めました。

 この取組により、児童一人ひとりに対して、よりきめ細やかな教育が実現されるとともに、教職員の負担軽減につながることを期待したいと思います。
 

清水隆男

小田原市蓮正寺540-54

TEL:0465-37-4578

https://shimizu-takao.com

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の意見広告・議会報告最新6

「狩川」の堆積土砂掘削始まる、そして「市民アンケート」の実施へ

意見広告

「狩川」の堆積土砂掘削始まる、そして「市民アンケート」の実施へ

小田原市議会議員 川久保 昌彦

4月10日号

小学校3年生の35人学級の実施、他について質疑

意見広告

小学校3年生の35人学級の実施、他について質疑

小田原市議会議員 清水 たかお

4月3日号

令和3年度予算審議

小田原をもっと元気に! 意見広告

令和3年度予算審議

小田原市議会議員 宮原げんき

3月27日号

未来のまちづくりへ一歩

新しい小田原へ 意見広告

未来のまちづくりへ一歩

小田原市議会議員 大川ゆたか

3月27日号

僕らは夢ある未来を創る

意見広告

僕らは夢ある未来を創る

報告/神奈川県議会議員 高橋のぶゆき

3月27日号

新総合計画の策定に向けて2市8町の合併は必然‼

市政報告

新総合計画の策定に向けて2市8町の合併は必然‼

小田原市議会議員 杉山三郎

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter