市生涯現役推進協議会 シニアの活躍創出 継続へ 厚労省事業団体に採択

社会

掲載号:2021年4月3日号

  • LINE
  • hatena
活動するメンバーもシニア世代(写真は昨年)
活動するメンバーもシニア世代(写真は昨年)

 小田原市が厚生労働省の採択を受け、2018年から取り組んできた「生涯現役促進地域連携事業」がこのほど継続採択を受けた。商工会議所やシルバー人材センター、地元企業らと設立した市生涯現役推進協議会によるシニア世代の就労促進といった活動は21年度以降も続けられる。

 同協議会はこれまで生産的、創造的な活動をしながら歳を取るという意味の「プロダクティブ・エイジング」をテーマに活動。それまで市が実施してきた「シニアバンク」や「セカンドライフ応援セミナー」といったシニアの就労や社会参画を促す取り組みと連携し、「観光業」「農林漁業」「福祉」といった重点分野の強化と地域課題解決に取り組んできた。

 今回の継続採択の活動は3年間。同協議会は国から年間約1千万円の委託費を受け、活動を行っていく。

 市の関係者は「新たな取り組みとしてセミナーのオンライン配信やITリテラシー向上の講座など、時代に即した内容と、キャリアコンサルタントによる専門的な就労サポートも検討していきたい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter