特別茶席に右京の「春水」 小田原の歴史文化を継承

文化

掲載号:2021年4月10日号

  • LINE
  • hatena
淡い色合いの繊細な線が、四澤に満ちる「春水」を表現
淡い色合いの繊細な線が、四澤に満ちる「春水」を表現

 近代を代表する茶人の益田鈍翁、松永耳庵、野崎幻庵らが茶室を構え、茶を愛する数寄者たちの交流の地でもあった小田原。三茶人ゆかりの道具を揃えての特別な裏千家の茶席をはじめ、小田原の歴史・文化に触れる「春の小田原日帰りツアー」がこのほど行われた。主催は株式会社淡交社(本社/京都府)で、関東各地から25人が参加した。

 茶席では、小田原市本町の和菓子 右京が特別に仕上げた上生菓子「春水」が振舞われた。5回ほど試作を繰り返して完成した「春水」は、霞ぼかしと組み笹という難易度が高い技を用いて、淡い色合いの繊細な線が一本一本出るように何重にも置き重ねて作られている。春の陽ざしを受けながら、山々から少しずつ雪解け水が流れる様を表現し、「箱根の山の春水は四澤に満ちて、やがて相模湾へ」という思いが込められている。

 右京の鈴木伸介社長は「小田原の文化を理解していただけるきっかけになりました。これからも、小田原の歴史ある茶の文化を継承していきたい」と話している。

生地を組み合わせ、手間暇かけて何度も伸ばし重ねていく
生地を組み合わせ、手間暇かけて何度も伸ばし重ねていく

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

豊かな香りと色を堪能

豊かな香りと色を堪能 文化

フラワーガーデンで秋バラ

10月23日号

悔しさ少し、全日本準優勝

安藤雄哉・高橋光ペア

悔しさ少し、全日本準優勝 スポーツ

ジュニアテニス選手権

10月23日号

ケーキショーで銀賞

ケーキショーで銀賞 文化

樫の樹の桐村美咲さん

10月23日号

夢を乗せた風船飛来

夢を乗せた風船飛来 文化

三重県の幼稚園から

10月23日号

ユニークタオル東京で展示

南足柄出身瀧澤さんら

ユニークタオル東京で展示 文化

丸めてちょんまげに

10月23日号

27日から文芸展

27日から文芸展 文化

三の丸ホールで

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook