小田原市 初のデジタル観光券販売へ 総額1億3000万円

経済

掲載号:2021年4月24日号

  • LINE
  • hatena
おまかせeマネーの画面
おまかせeマネーの画面

 小田原市、小田原市商店街連合会、小田原市観光協会がマイクロツーリズム観光を目的とした「プレミアム付きデジタル観光券」(総額1億3千万円)を6月1日に販売する。市外住民だけでなく市民も購入可能で、新型コロナの感染拡大により低迷が続く観光事業の活性化とwithコロナ時代でも安心して楽しめる観光の形を創出する狙いだ。

 デジタル観光券は、プレミアム率30%、1冊あたり額面6500円を5000円で販売、先着2万冊を予定。市としては初となる電子商品券で、NTTカードソリューションが提供する地域通貨発行サービス「おまかせeマネー」を利用する。スマートフォンによるQRコード決済で、利用者、加盟店ともに専用ページを表示して利用する仕組み。市は「非接触決済の普及を推進し、新型コロナの拡大防止に取り組む。デジタル化を推進し、購買行動の見える化、データ利活用による新ビジネスの検討や政策への反映など、スマートシティ・行政のデジタル化の実現も視野に入れている」という。

4月30日まで取り扱い店募集

 販売に先駆けて現在、取り扱い観光事業者を募集している。募集条件は、神奈川県のLINEコロナお知らせシステムに事業者登録している市内の観光施設、ホテルや旅館などの宿泊施設、土産物店、飲食店、交通系など観光に関わる事業者で、300店舗前後を予定している。事業者側に登録料や手数料などの負担はなく、事業者の端末での利用を想定。端末の貸し出しも数量限定で対応する。

 申し込みは、おだわらトリップ(【URL】https://odawaratrip.com/special/kanko.html)の応募フォーム、または同HPからダウンロードした用紙に必要事項を記入し観光券事務局【FAX】0465・46・8266へ送信する。4月30日(金)締め切り。

 5月上旬からシステム説明会(オンライン配信含む)などを実施。6月1日からサービスを開始する予定だが、新型コロナの状況で開始時期が変更になる場合もあるという。販売方法はインターネットからの申し込みを予定しており、決定次第周知していく。

 観光協会は「コロナ禍で観光のあり方も変化してきている。デジタル化が活性化につながれば」と話している。

 問い合わせは、観光券事務局【電話】0465・46・8260へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

腕時計端末で療養者支援

真鶴町・医療系2団体

腕時計端末で療養者支援 社会

自宅での計測値データ送信

10月16日号

「西側区域」整備へ

鬼柳・桑原地区工業団地

「西側区域」整備へ 経済

市が方針「企業誘致を推進」

10月16日号

牧島かれん氏が初入閣

牧島かれん氏が初入閣 政治

デジタル大臣に就任

10月9日号

エヴァ×箱根が金賞

アニメと異業種コラボ表彰

エヴァ×箱根が金賞 文化

観光による地方創生に評価

10月9日号

再エネ消費をクーポンに

小田原市と湘南電力ら

再エネ消費をクーポンに 経済

地域循環の仕組み構築

10月2日号

事業所に交付金20万円

箱根町コロナ対策

事業所に交付金20万円 経済

アンケート踏まえ独自給付

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook