小田原市 初のデジタル観光券販売へ 総額1億3000万円

経済

掲載号:2021年4月24日号

  • LINE
  • hatena
おまかせeマネーの画面
おまかせeマネーの画面

 小田原市、小田原市商店街連合会、小田原市観光協会がマイクロツーリズム観光を目的とした「プレミアム付きデジタル観光券」(総額1億3千万円)を6月1日に販売する。市外住民だけでなく市民も購入可能で、新型コロナの感染拡大により低迷が続く観光事業の活性化とwithコロナ時代でも安心して楽しめる観光の形を創出する狙いだ。

 デジタル観光券は、プレミアム率30%、1冊あたり額面6500円を5000円で販売、先着2万冊を予定。市としては初となる電子商品券で、NTTカードソリューションが提供する地域通貨発行サービス「おまかせeマネー」を利用する。スマートフォンによるQRコード決済で、利用者、加盟店ともに専用ページを表示して利用する仕組み。市は「非接触決済の普及を推進し、新型コロナの拡大防止に取り組む。デジタル化を推進し、購買行動の見える化、データ利活用による新ビジネスの検討や政策への反映など、スマートシティ・行政のデジタル化の実現も視野に入れている」という。

4月30日まで取り扱い店募集

 販売に先駆けて現在、取り扱い観光事業者を募集している。募集条件は、神奈川県のLINEコロナお知らせシステムに事業者登録している市内の観光施設、ホテルや旅館などの宿泊施設、土産物店、飲食店、交通系など観光に関わる事業者で、300店舗前後を予定している。事業者側に登録料や手数料などの負担はなく、事業者の端末での利用を想定。端末の貸し出しも数量限定で対応する。

 申し込みは、おだわらトリップ(【URL】https://odawaratrip.com/special/kanko.html)の応募フォーム、または同HPからダウンロードした用紙に必要事項を記入し観光券事務局【FAX】0465・46・8266へ送信する。4月30日(金)締め切り。

 5月上旬からシステム説明会(オンライン配信含む)などを実施。6月1日からサービスを開始する予定だが、新型コロナの状況で開始時期が変更になる場合もあるという。販売方法はインターネットからの申し込みを予定しており、決定次第周知していく。

 観光協会は「コロナ禍で観光のあり方も変化してきている。デジタル化が活性化につながれば」と話している。

 問い合わせは、観光券事務局【電話】0465・46・8260へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

地域の魅力伝える新拠点に

7月22日オープン

地域の魅力伝える新拠点に 文化

小田原市観光交流センター

6月19日号

食品模型は海を越え

(株)小田原サンプル

食品模型は海を越え 経済

米ECサイトで販路拡大

6月19日号

小田原市に酒蔵を新設

(株)RiceWine森山酒造

小田原市に酒蔵を新設 社会

「HINEMOS(ヒネモス)」を世界に

6月12日号

湯河原、今夏は開設

海水浴場

湯河原、今夏は開設 社会

小田原市、真鶴町は中止

6月12日号

「食」でカカオ生産者を支援

小田原市寿町柳下龍介さん

「食」でカカオ生産者を支援 文化

「生ガトーショコラ」開発販売

6月5日号

接種の予約「焦らずに」

小田原市コロナワクチン

接種の予約「焦らずに」 社会

電話・ネット 申し込み集中

6月5日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter