3人の作家が合同展 秦野市「蔵のギャラリー」で

文化

掲載号:2021年5月15日号

  • LINE
  • hatena
作品を紹介する植木さん(左)と多田さん(中央)、府川さん
作品を紹介する植木さん(左)と多田さん(中央)、府川さん

 秦野市や県西地区で活動する3人のアーティストによる作品展「若葉に躍る三人展」が5月15日(土)と16日(日)、「江島屋蔵のギャラリー」(秦野市本町2の5の6)で開催される。入場無料。

 作品を展示するのは、ワイヤーアートを手掛ける植木政光さん(秦野市戸川)と筆文字のアート作品を発表する多田眞知子さん(小田原市飯田岡)、陶人形作家の府川泰行さん(南足柄市塚原)。植木さんが個展で2人の作品に”惚れ込み”、合同作品展を行うことになった。

 植木さんは『音楽を愛す人々』などワイヤーで音楽を奏でる人々などを表わした作品約30点を展示。多田さんは「書描」という独自の世界観で、書をアーティスティックに表現。『一念天に通ず』など約20点を発表する。府川さんは主に足柄地域の歴史や民話、芸能を題材に陶人形を制作。金太郎のほか、丹沢地域で疫病除けなどと伝わる門入道(かどにゅうどう)をモチーフとした『創作・足柄門入道』など約30点が会場に並ぶ。

 展示作品のうち、約半数が新作で、販売も行うという。3人は「コロナ禍で、心が元気になる機会になればと企画した。作品をみて楽しい時間を過ごしていただければ」と話している。

 期間中は感染症対策を講じて実施。時間は午前10時から午後5時(16日は4時)まで。問い合わせは多田さん【電話】090・6002・3796へ。

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

初戦制しシーズンに弾み

ベルマーレフットサル

初戦制しシーズンに弾み スポーツ

12日はホーム開幕マッチ

6月12日号

医療機関が市民に連絡

ワクチンキャンセル分

医療機関が市民に連絡 社会

6月12日号

小田原市に100万円を寄付

ソロプチミスト小田原

小田原市に100万円を寄付 社会

奉仕の精神50年

6月12日号

小田原を知る まち歩き

6月27日 SDGs体感事業

小田原を知る まち歩き 社会

アプリ「まちのコイン」利用

6月12日号

小田原城アートナウ開催中

城下町の芸術展

小田原城アートナウ開催中 文化

6月12日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter