市民協働事業の案募集 小田原市 2022年度分

社会

掲載号:2021年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 市民活動団体の提案を受け、官民協働で事業を進める「市民提案型協働事業」を行っている小田原市は、2022年度の新規・継続事業の案を募集している。

 同事業は、市民活動団体の新しい発想や柔軟性、専門性などを生かした提案を受け事業に取り組むことで、地域社会の課題解決や新たな市民サービスを創出していくことを目的に14年度から行われている。

 過去には、くくり罠猟の現場実習を通して有害鳥獣捕獲者の育成のほか、植生劣化や農業被害の抑制を図る「小田原くくり罠塾2021」などが採択されている。

 提案内容によって担当課が選定され、その後書類審査、プレゼンテーションなどを経て実施事業が採択される。応募締め切りは新規事業が5月31日(月)、継続事業が7月30日(金)。22年3月の予算の議決を経て、事業が開始する。

 提案できる団体は、小田原市内で1年以上継続して活動をしていること、営利目的ではないことなどの要件がある。その他要件などの詳細は「令和4年度実施分小田原市市民提案型協働事業」で検索。問い合わせは市地域政策課【電話】0465・33・1458へ。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook