小田原支援センター イーストが5周年 パン作りで就労の場を

社会

掲載号:2021年7月24日号

  • LINE
  • hatena
人気食パン「極」を手に笑顔のスタッフたち
人気食パン「極」を手に笑顔のスタッフたち

 社会福祉法人小田原支援センターが運営する「パン工房 イースト」(小田原市東町1の32の20)が8月に5周年を迎える。

 就労継続支援B型の事業所として、障害のある人にも働きやすい環境を整えている。製造作業を行いながら、次に使う道具の準備など、同時進行の作業が苦手な人もいるため、同事業所ではボウルを多めに用意するなど配慮をしながら運営を行っている。

 2016年のオープン以来、就労者の定着度は高く、今では10人を超える人が働いているという。サポートをしながら一緒に働く同法人の職員・向川潤さんは「継続して通う人が増えて、みんなが毎日楽しく仕事をしてくれたら」と就労者に寄り添う。

 同事業所は5周年を記念して8月4日(水)と5日(木)の2日間、感謝セールを行う。昨年開発した高級食パン「極(きわみ)」は通常価格500円だが、期間中は400円で販売する。その他、パンと焼き菓子も特別価格で販売する予定だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook