小田原市 帝国書院を再採択 中学の歴史教科書

教育

掲載号:2021年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 今年3月に文部科学省の検定で新たに自由社の中学歴史教科書が合格したことに伴い、小田原市教育委員会は7月27日、定例会で2022年度から24年度まで使用する中学歴史教科書の再採択を実施。全員一致で昨年の採択と同じ、帝国書院の歴史教科書が選ばれた。

 教科書は文部科学省の検定で合格したものの中から4年に1度、採択地区ごとに比較検討が行われており、直近では昨年8月に21年度から4年間使用する教科書が採択された。小田原市では中学の歴史教科書を帝国書院に決定しており、今年度から既に使用している。

 定例会では栁下正祐教育長と4人の教育委員が、自由社を加えた8社を比較検討した上で意見を出し合った。帝国書院の教科書については「興味関心を高める工夫がされている」「問いかけや振り返りが多く、歴史を通じてグローバルな視点を抱ける」「資料が豊富で見やすい」などの意見が述べられた。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook