小田原市マンホール蓋 約30年ぶり デザイン刷新 城北工生・山口さんが考案

文化

掲載号:2021年7月31日号

  • LINE
  • hatena
「遠近感を意識した」と話す山口さん
「遠近感を意識した」と話す山口さん

 小田原市内のマンホール蓋のデザインが約30年ぶりに刷新される。新デザインを考案した県立小田原城北工業高校の山口優香さん(3年)は「設置後は、歩いて通り過ぎずに見てもらえるとうれしい」と話している。

 市によると、現在のマンホール蓋デザイン「酒匂の渡し」が市の職員により描かれたのは1988年。30年以上が経過し、市は昨年「昭和、平成、令和と時代が変わり、新しい時代の担い手である若者たちに新たにデザインしてほしい」と、同校に依頼した。

 新デザイン=写真下=には、小田原城や小田原提灯など、地元のシンボルを大きく描いたほか、花びらが舞う中、家紋付きの旗を手に橋を渡る人々の姿も描写されている。

 昨年12月、同校デザイン科の生徒103人がそれぞれデザイン案を市に提出。市の職員らが3回にわたり審査を重ねた結果「小田原の魅力が詰まっており、迫力のあるデザイン」として採用が決まった。

 タブレット端末の画面に専用のペンで描き込んでいくスタイルで、3週間ほど掛けて創り上げたという山口さん。「最初は富士山も描いたが、途中で案を大幅に変更。小田原らしさを強調できるよう、お城や提灯を大きくし、迫力を持たせるようにした。全体的に遠近感を出すことに気を遣った」と振り返る。

 市によると、新たなマンホール蓋の1基目は9月10日に小田原城址公園内に設置されるという。山口さんは「多くの人が見たり、写真を撮ったりしてくれるとうれしい」と語った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

新型コロナお盆で感染増

小田原・箱根・湯河原・真鶴

新型コロナお盆で感染増 社会

若年層・家庭内で

8月28日号

市が指定管理者 再募集

国府津駅隣接新駐輪場

市が指定管理者 再募集 社会

応募0件で要項改定

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook