日本人で初めて国際的な映画音楽コンクールでトップ10入りした 古屋 沙樹さん 南足柄市在住 30歳

掲載号:2021年8月7日号

  • LINE
  • hatena

海外でも通用する楽曲を

 ○…都内の企業で、映画やスマートフォン向けゲームなど、これまでに10作品以上の楽曲の制作に携わる。一方で、新たな取り組みとして個人的に力を入れるのが、海外のテレビやCMで使用される曲作りだ。「いずれはハリウッド作品のような大きな仕事に参加したい」と前を向く。

 ○…2017年に子ども向けのアニメ番組のコンペで自分の楽曲が採用され、作編曲家として本格的に活動を開始。さまざまな曲に触れる中、いざ海外に目を向けてみると「日本の曲との違いは歴然。重厚で低音の音に仕上げられた作品に衝撃を受けました」と目を見開く。現在はパソコン用の音楽ソフトを駆使し、海外のテイストに近づけるための音作りにも力を入れる。今春には、世界中からの参加がある海外のコンテスト「オティコンズ学部国際映画音楽コンクール」で、日本人として初めてトップ10入りを果たした。

 ○…音楽教室の講師をしていた母親の影響もあり、3歳から電子オルガンを学び始めた。幼いころから好きでよく見ていたディズニー映画や、中学校の吹奏楽部で編曲の面白さを知り、次第に「映像音楽を作りたい」との思いが高まっていった。小田原高校から東京藝術大学に進学し、作曲科を専攻。卒業後も音楽ソフトを使った音作りや、知人からの依頼による編曲に携わるなどし、力をつけていった。

 ○…「家族が見ているテレビの音が耳についちゃって。職業病ですかね」と頭をかく。息抜きにと、高原などに足を運び「ぼーっとすることが最近のルーティン」になっている。もともと旅行が好きで「海外に一人で行くことも苦ではありません」とにこやか。世界に名前を轟かせる日も、そう遠くはないのかもしれない。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

蓮華寺副住職で、子どもの居場所づくり事業「学びや はちす」を企画した

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

小田原市千代在住 39歳

1月22日号

原 健一郎さん

箱根寄人(よせびと)プロジェクトのリーダーを務める

原 健一郎さん

箱根町在住 48歳

1月15日号

宮川 勝行さん

(公社)小田原青年会議所(JCI小田原)の第65代理事長に就任した

宮川 勝行さん

湯河原町吉浜在住 39歳

1月8日号

江島 賢さん

株式会社 丸江の代表取締役に就任した

江島 賢さん

小田原市栄町在住 56歳

12月25日号

古澤 博さん

県大会で優勝した富水ジャガーズの相談役を務める

古澤 博さん

小田原市栢山在住 84歳

12月18日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

箱根町出身 48歳

12月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook