「箱根でパンと古本市」を10月9日に仙石原の本喫茶わかばで開催する 廣田 いとよさん 箱根町在住 47歳

掲載号:2021年10月9日号

  • LINE
  • hatena

人が集う仙石原に

 ○…「地元の人が楽しめるイベントができないか」と、地域のパン屋や読み終わった本を持ち寄る一箱古本店主が集う「箱根でパンと古本市」を8月に仙石原で初開催した。思いが先行した見切り発車で「誰も来ないかも…」という心配をよそに大盛況。「若い人もお年寄りも楽しそうで。これは続けていくしかない」とすぐに取り掛かった第2弾「秋の回」は10月9日(土)に開催。12店が出店し、「美味しいパンと選りすぐりの古本。私が一番楽しみ」と笑顔。

 ○…結婚を機に3年前に都内から仙石原に移住。地域の書店は15年前に閉店し、本が読める場所がなく、「本とふれあう場所を仙石原に作りたい」と古民家を改装し「本喫茶わかば」を今年3月にオープンさせた。暮らしをテーマとする古本を中心に2000冊を揃え、手作りのスイーツも提供する。来店者による「推し本ノート」も楽しみの一つ。「お客様が読書に没頭する姿を見るのが幸せ。誰かの居場所になれたら」

 ○…茨城県出身。人との距離に悩んでいた子ども時代、心の拠り所は図書館だった。司書教諭を目指し大学進学するも時代は就職氷河期。卒業後はベーカリーで働くが、「本の仕事をしたい」と30代で校正として印刷会社に転職した。現在も本喫茶を営む傍らでフリーとして継続。「やることばかりが増えるけど」と言いつつ毎日を楽しむ。

 ○…コロナ禍もあり、延期していた結婚式を新郎新婦のみで挙げたばかり。髪飾りに合わせ、念願の金髪にも挑戦し、「気持ちも新た」と幸せそう。2匹の愛猫が何よりの癒しで「仕事を邪魔されても許しちゃう」とメロメロだ。「ススキが有名だけれど、それだけじゃない仙石原を地域の皆さんと作っていきたい」とほほ笑んだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

山田 成宣(しげのり)さん

第39代箱根町議会議長に就任した

山田 成宣(しげのり)さん

箱根町在住 50歳

10月23日号

天満 正俊さん

今年6月から(一社)神奈川県中小企業診断協会の代表理事 会長を務める

天満 正俊さん

小田原市南鴨宮在住 44歳

10月16日号

廣田 いとよさん

「箱根でパンと古本市」を10月9日に仙石原の本喫茶わかばで開催する

廣田 いとよさん

箱根町在住 47歳

10月9日号

伊久間 洋輔さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの新監督に就任し、10月8日の初陣に臨む

伊久間 洋輔さん

藤沢市在住 45歳

10月2日号

玉田 麻里さん

真鶴町空き家バンク事業を運営する(一社)真鶴未来塾の代表理事を務める

玉田 麻里さん

真鶴町在住 44歳

9月25日号

三宅 愛さん

東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった

三宅 愛さん

小田原市蓮正寺在住 36歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook