真鶴町 なるか 過疎地域脱却 町活性化に向けパブコメ

社会

掲載号:2021年10月9日号

  • LINE
  • hatena
真鶴駅前の様子
真鶴駅前の様子

 県内で唯一の過疎地域に指定されている真鶴町はこのほど、2026年3月31日までの5年間を期間とする「真鶴町過疎地域持続的発展計画」の素案を作成し、現在、同計画へのパブリックコメントを募っている。募集は10月22日(金)まで。

 同計画の素案は真鶴町役場2階の政策推進課のほか、町民センター、真鶴地域情報センター、同町HPなどで閲覧できる。町政策推進課の担当者は、パブリックコメント実施の結果や、寄せられた質問への回答について「募集期間終了後、早いうちに公表したい」と話す。また、寄せられた意見などを参考にし「31年までの10年間で過疎地域からの脱却を目指したい」としている。

2065年には2379人と推計

 総務省によると、法で定められた一定の人口要件、財政力要件の両方を満たす市町村などが「過疎地域」として指定される。今年4月1日現在、全国1718市町村のうち、47・7%にあたる820市町村が過疎地域とされている。

 真鶴町の人口は、1万人を超えた1970年頃をピークに減少傾向が続き、10月1日現在は7007人。住民基本台帳に基づく推計では、2065年には2379人に減少するとみられており、人口減の抑制が長年にわたり、町の課題となっている。

 県によると17年4月、過疎法の一部改正で、真鶴町が県内で初めて過疎地域に指定された。これを受け、町では同年、人口増加や産業振興などを目指し「真鶴町過疎地域自立促進計画」を策定。地域の活性化に取り組んできた。

 こうした中、旧法が今年3月末で期限を迎えたことで4月1日、国は新たに「過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法」を施行。人口減が続く真鶴町は引き続き過疎地域に指定された。

 そこで町はこのほど「真鶴町過疎地域持続的発展計画」の素案を新たに作成。計画内に「達成状況の評価」などを盛り込み、効果検証も実施するとしている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook