旭丘高2年山中健太さん 無重力を制す全国舞台へ JOC陸上 走高跳に出場

スポーツ

掲載号:2021年10月16日号

  • LINE
  • hatena
旭丘高校のグラウンドで練習に励む山中さん
旭丘高校のグラウンドで練習に励む山中さん

 10月22日(金)から24日(日)に愛媛県で行われるジュニアオリンピックカップU18陸上競技大会「走高跳」に旭丘高校2年の山中健太さんが出場する。

 ナイジェリア人と日本人の両親を持つ山中さんが陸上競技を始めたのは同高入学後。中学時代のバスケットボールから「新しいことにチャレンジしたい」と初心者ながら陸上部に入部した。

 「バーを越えるまでの間は時間が止まって、無重力の中にいるような快感があった」と、高跳びに挑戦したのは1年の夏から。そこから1年、山中さんが今夏にマークした2mジャストは県内の高校2年生では唯一の記録だ。

 全国の上位記録30選手がエントリーする同大会。発展の途中ながら、しなやかで長い手足を武器に「高校記録にも挑戦して2m10から15くらいを狙いたい。表彰台に上るイメージまでできています」と笑顔の中に闘志を燃やしている。

「高校記録も狙う」(山中さん)
「高校記録も狙う」(山中さん)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook