安藤雄哉・高橋光ペア 悔しさ少し、全日本準優勝 ジュニアテニス選手権

スポーツ

掲載号:2021年10月23日号

  • LINE
  • hatena
準優勝した安藤さん(右)と高橋さん
準優勝した安藤さん(右)と高橋さん

 大阪府で開催された全日本ジュニアテニス選手権(8月26日〜30日)で、14歳以下男子ダブルスに出場した安藤雄哉さん(荏原SSC/相洋中)・高橋光さん(神奈中TC/泉中)ペアが準優勝を果たした。

 ともにシングルスでも同大会に出場する実力者で、安藤さんの力強いストロークと高橋さんのボレーが武器。昨年11月にペアを組んだが、別のクラブに所属しているためダブルスの練習はほとんどできず試合を重ねる中で連携を深めてきた。

 同ペアは7月の関東大会で優勝し、全日本は第1シード。実力通り順当に3試合をストレートで勝ち上がり、準決勝はタイブレーク(10ポイント制)にもつれ込むも10-8で競り勝った。

 臨んだ決勝の相手は、ノーシードから勝ち上がってきた同じ関東地区のペア。第1セットを6-3で獲ったが、頂点を意識して「固くなった」という。第2セットを1-6で失うとタイブレークも流れを止められず、そのまま押し切られた。

 準優勝という結果にも、安藤さんは「負けたのでうれしさは無かった。ただ2人で全力でプレーしたので楽しかったし自信にもなった」、高橋さんは「少し残念。前衛の時に前に詰める動き、ボレーの決定力は良かった」とそれぞれ大会を振り返った。

 なお、同大会で高橋さんは「グッドマナー」の選手のひとりに選出された。ジュニアの試合は原則セルフジャッジで、ワンプレーごとにスコアを声に出し確認しあう。グッドマナーの選手はそれらが良くできていた選手をレフェリーチームらが選出するもの。高橋さんは、「クラブでも上手いだけ、強いだけではダメだと指導してもらっている。これからもプレー以外の態度も大切にしていきたい」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook