大雄山線がカレンダーに 公募の写真作品から選定

文化

掲載号:2021年10月23日号

  • LINE
  • hatena
新年は大雄山駅からスタート
新年は大雄山駅からスタート

 大雄山線と駿豆線沿線の四季折々の風景や、旅の思い出写真が2022年のカレンダーになって発売された。

 これは、伊豆箱根鉄道(株)が6月から7月にかけて一般募集し、応募があった148の写真作品の中から表紙を含め13作品を選定。大雄山線沿線は大雄山駅や塚原〜和田河原間、和田河原〜富士フイルム前間など5作品が選ばれ、1月、3月、7月、8月、9月に採用されている。

 カレンダーは壁掛けタイプで、大雄山線・駿豆線の有人各駅と通販サイト(【URL】https://izuhakone-railway-shop.raku-uru.jp/)で販売中。販売価格は1000円で、限定2000部となっている。問い合わせは同社鉄道部運輸課【電話】055・977・1207(平日午前9時30分〜午後4時30分)。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メダカの里親募集

メダカの里親募集 文化

27日 締め切り

5月21日号

小学生が茶摘み体験

小学生が茶摘み体験 教育

湯河原町の3校140人

5月21日号

8年ぶり県制覇で関東へ

旭丘高相撲部

8年ぶり県制覇で関東へ スポーツ

個人戦は3階級で優勝

5月21日号

時計の下に集合

時計の下に集合 経済

松風LCが35周年で寄贈

5月21日号

みんなでドンドコ祭り

みんなでドンドコ祭り 社会

5月29日 ブレンドパークで

5月21日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook