ミナカで初開催 アイデア満載JKフェス

社会

掲載号:2021年10月30日号

  • LINE
  • hatena
イベントの司会進行も高校生が担当
イベントの司会進行も高校生が担当

 小田原在住在学の女子高校生が「たのしい!を増やす」をテーマに10月23日、ミナカ小田原で「JKまち活フェス」を初開催した。ハロウィーンの仮装で格好良さを競うイケメンコンテストやクラフト体験、風船釣り、絵本の読み聞かせと物語のワンシーンを振り返りながらさまざまな立場の気持ちになって考えるワークショップなど、高校生のアイデアが盛りだくさんの内容となった。

 このイベントは、「若者の視点やアイデアを地域活性化につなげよう」と、6月から公益社団法人小田原青年会議所がサポートしてきた活動の集大成。高校生21人が参加し、ウェブ会議も含め10回以上話し合いを重ね進めてきた。加藤咲樹さん(1年)は「同世代の人と企画をして盛り上げていきたい」と参加。大郷颯花さん(2年)は「コロナの影響でお祭りなどがなかったので、さまざまな人が交流できる場をつくりたい」と考えて取り組んできた。

 会場には多くの家族連れが訪れ、企画を通じて高校生との交流を楽しんだ。保育園の仕事に就く目標を持つ安藤乃々さん(2年)は「小さい子と関わることができて、将来のために役立ちました」と話した。

 イベント実行委員長を務めた同会議所の大畠顕さんは「大人が思いつきもしないような斬新なアイデアが満載。まちづくりにもつなげていけたら」と期待を寄せた。

守屋輝彦小田原市長とまちづくりのアイデアを語り合う
守屋輝彦小田原市長とまちづくりのアイデアを語り合う
クラフト体験や絵本のワークショップも大盛況だった
クラフト体験や絵本のワークショップも大盛況だった

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook