「17人の次郎」の謎に迫る 浜町出身 石川さんが考察

文化

掲載号:2021年11月13日号

  • LINE
  • hatena

 地元で「竜宮さん」と呼ばれる小田原市浜町の「八代龍宮」。境内には手水鉢があり、その正面に建つ石碑に刻まれた寄進者17人の名前を見ると、杉山松次郎、柳下鶴次郎、神保照次郎...以降も吉次郎、粂次郎と「次郎」ばかり。

 浜町出身の元NHK記者・石川又一郎さん(80・秦野市在住)は、「全員の本名が、次郎のはずがない。何か意味があるはず」と、調査した結果からの考察をこのほどまとめた。

 石碑中央には「大正十年八月一日」の文字。古文書の解読や石碑の拓本をライフワークとする石川さんは、「漁師が多く住む地域であり、苗字からも当時の漁師が寄進したもので間違いない」という。さらに謎を解明するべく、郷土史を調べ、さらに地元の歴史研究会や近所の漁師古老に聞いたが、はっきりしたことは分からなかった。

「次郎」がいるからには「太郎」がいる?

 考察で石川さんは、「"次郎"がいるからには"太郎"という人物または観念があるはずだ」と仮定。そして太郎が示すものとして「船」「船主」なども考えられるが、「浦島太郎」説を唱える。根拠として【1】「同神社が竜宮を祀っている」、【2】「石碑の上に2匹のウミガメ像がある」、【3】「三浦には浦島を祀る寺があり、三浦は小田原漁師と縁が深い」などを挙げる。

 石川さんは笑いながら飛躍した論理としつつも、「手水鉢の寄進を思い付いた漁師組合は、役職・寄付額はバラバラだったはず。これを区別しない方法として『金額を書かずに、名前も(竜宮が太郎なら)次郎にしてしまえ』となったのでは」といい、「竜宮から派生した、漁師連中のシャレ心と判断するのが妥当」と結論付けている。また「詳しいことを知っている人がいたら教えてほしい」とも話している。

 考察の全文は、石川さんのフェイスブックで読むことができる。

石碑がある八代龍宮
石碑がある八代龍宮
石碑と石川さん。石碑の上にウミガメ像がある
石碑と石川さん。石碑の上にウミガメ像がある

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

上府中公園にドッグラン

上府中公園にドッグラン 社会

5月から試行的に開設

5月14日号

松本町長らを刑事告発へ

真鶴町

松本町長らを刑事告発へ 政治

選挙人名簿流出問題で

5月14日号

井上氏、参院選出馬へ

井上氏、参院選出馬へ 社会

自民比例区で

5月14日号

色鮮やかに咲き揃う

色鮮やかに咲き揃う 文化

北条さつき会が展示会

5月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月14日号

あの「iFace」は小田原から

あの「iFace」は小田原から 文化

若年層に人気のスマホケース

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook