プレイパークをつくる会@seishoの代表を務める 黒栁 貴雅さん 小田原市曽比在住 30歳

掲載号:2021年11月27日号

  • LINE
  • hatena

子ども主役の居場所づくり

 ○…既成の遊具ではなく、子どもたちが想像力で遊びを作り出す「プレイパーク」。小田原市を拠点に活動する会の代表。感染症の影響で1年以上休止していたが11月に再開、会場は笑い声であふれた。「どうしたら安心して開催できるか何度も話し合い、研修も重ねた。大きなけがも無くほっとした」と話す。

 ○…栢山駅そばの駄菓子・文具店「くろやなぎ」で生まれた。子どもの頃は公園の遊具よりも「秘密基地などを作って遊んだ」と笑う。高校時代は剣道部に所属。地域の子どもに指導することに魅力を感じて大学は教育学部に進学した。教師を目指して児童館でアルバイトをしたときに職員の子どもへの接し方に感銘を受けた。「ふざけているように見えて、大切なことを自然に伝えていた。その姿がかっこ良くて」。教えるよりも子どもと一緒に正解を見つける仕事がしたいと思うようになった。

 ○…プレイパークとの出合いは大学2年のとき。「スタッフも参加者も生き生きとしていて」と入会。子どもと接する中で、「先入観の無い発想に学ぶことが多い」とうなずく。地域の協力者も増えてコミュニティーの輪が広がり、街づくりにつながると感じた。「主役は子ども。そしていろいろな世代の人が過ごせる居場所になれば」

 ○…都内で学童保育の支援員などを務めたが、27歳のときに祖母の介護で地元に戻った。2年ほど休業していた店のシャッターを開けたとき、小学生に「お店をやめないで」と言われ、「この子たちの居場所を作りたい」と店内にテーブルと椅子を置いた。現在、両親と営む店は、常連の子どもが描いたイラストなどで彩られている。みんなの”にいちゃん”は、今日も笑顔で子どもたちを迎えている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

蓮華寺副住職で、子どもの居場所づくり事業「学びや はちす」を企画した

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

小田原市千代在住 39歳

1月22日号

原 健一郎さん

箱根寄人(よせびと)プロジェクトのリーダーを務める

原 健一郎さん

箱根町在住 48歳

1月15日号

宮川 勝行さん

(公社)小田原青年会議所(JCI小田原)の第65代理事長に就任した

宮川 勝行さん

湯河原町吉浜在住 39歳

1月8日号

江島 賢さん

株式会社 丸江の代表取締役に就任した

江島 賢さん

小田原市栄町在住 56歳

12月25日号

古澤 博さん

県大会で優勝した富水ジャガーズの相談役を務める

古澤 博さん

小田原市栢山在住 84歳

12月18日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

箱根町出身 48歳

12月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook