夢に向かい果敢に前進 式町水晶さん、佐藤心結さん

文化

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 県西では昨年、小田原市にゆかりのある若者の活躍が注目を集めた。アーティスト、アスリートの若き2人は、2022年も夢に向かい力強く歩む。

世界中に音色響かせ

 「2022年10月28日は、僕の26歳の誕生日。そこまで仕事を休まなければ、皆勤賞10周年なんです」。小田原市在住のバイオリニスト・式町水(みず)晶(き)さん(25)は、元気な声と笑顔でそう語る。

 脳性まひと闘いながらもプロとして懸命に演奏活動を続け、昨年は個人事務所も設立。9月には東京パラリンピックの閉会式にも出演を果たし、繊細な音色が世界中の視聴者を魅了した。

 また講演活動にも力を入れており、昨年は小田原市をはじめ東京、大阪などの小中学校に訪問。未来を担う子どもたちに夢を持って生きることの大切さを伝えた。

 「2022年は演奏に全力で取り組むだけでなく、趣味を楽しむ時間ももっとつくりたい」と式町さん。「犬を飼っていたのをきっかけに、以前から動物愛護団体への寄付も続けていて、今後は小田原市内での動物愛護活動にも力を入れていきたい」と話している。

未知の世界に挑戦

 高校生ながら昨年10月、女子プロゴルフトーナメントで優勝争いを演じた佐藤心結(みゆ)さん(18)。直後に開催されたJLPGA最終プロテストでは、期待の新星として注目される中合格を果たした。「まだ実感がないし、夢のようです」

 小田原市出身の佐藤さんは7歳でゴルフを始め、桜井小、城北中そして現在通う明秀学園日立高まで全国で活躍した。

 平均飛距離250ヤードのドライバーと切れの良いアイアンを武器に、積極的なプレーが持ち味だが性格は「いつもマイペース」。大会中でも、家では緊張感などを見せず「逆に家族が心配するほど」と笑みをこぼす。

 来シーズンの出場資格を決めるQTでも上位に入り、JLPGAツアー前半戦の出場権を獲得。国内を転戦するプロ生活は未知の世界だが、「優勝したい」ときっぱり。

 賞金王と海外メジャー優勝、ジュニア大会のサポートなど未来への夢は膨らむ。JLPGAの入会は1月1日付け。今まさにプロゴルファーとしての歩みが始まった。

バイオリンを構える式町さん
バイオリンを構える式町さん
佐藤心結さん
佐藤心結さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook