スギ花粉 やや少なめ 県西部は県内で高め

社会

掲載号:2022年1月15日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県自然環境保全センターが今春のスギ花粉飛散量について「例年よりもやや少ない」との見通しを発表した。

 調査は25回目。スギ花粉飛散量を予測するため県内の森林地帯を4地域に区分、小田原市や厚木市、秦野市など県内のスギ林30カ所で花粉を飛散させる雄花の着花量を調査した。

 各スギ林で40本のスギを抽出し、双眼鏡等で1本ごとに着花状況を4段階で点数化、その平均値を調査個所の着花点数とした。

 その結果、着花点数の平均値は37・8点で、前年の48・7点と過去25年間の平均44・5点を下回った。2017年から過去5年では最低値となった。

 ただし、小田原市と南足柄市、山北町の一部9カ所の「県西部」は42・5点と県内平均値より高かった。同センターは「温暖な県西部はより多く着花している可能性がある」と分析している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

小学生ら新東名の工事現場へ

小学生ら新東名の工事現場へ 社会

3年ぶりの見学ツアー

8月20日号

不思議な仕掛けいろいろ

不思議な仕掛けいろいろ 文化

「からくり箱」展覧会 開催中

8月20日号

食で子どもを支援

食で子どもを支援 社会

「餃子の王将」が地域と連携

8月20日号

ハイハイ、あんよで競走

ハイハイ、あんよで競走 教育

赤ちゃんダービー募集

8月20日号

「節目の公演、今から楽しみ」

10月7日(金)公演 特別インタビュー

「節目の公演、今から楽しみ」 文化

落語家 林家木久扇さん

8月20日号

総勢100人の創作舞台

総勢100人の創作舞台 文化

8月28日 外郎売の口上まつり

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook