『寂静居』で追及した幻想美 日本画家 近藤弘明の画業たどる

文化

掲載号:2022年1月22日号

  • LINE
  • hatena
代表作でもある『寂映』を紹介する一弥さん
代表作でもある『寂映』を紹介する一弥さん

 小田原市板橋のアトリエ「寂(じゃく)静居(せいきょ)」にて創作活動を行った日本画家・近藤弘明氏(1924―2015)。その作品を紹介する特別展「近藤弘明 幻華」が昨年12月に小田原三の丸ホールで開催され、そのPart2が1月8日から2月6日(日)にかけて、松永記念館で開かれている。小田原市が主催し、おだわらミュージアムプロジェクト、グループ「想」、SETENVが協力した。

 弘明氏は仏教的想念に裏打ちされた独特の世界観を有した作品から、「幻想の画家」として高い評価を得る日本画家。小田原市は2016年に初期の作品から代表作までを含む約160点の作品の寄贈を受けている。

 特別展は小田原三の丸ホールの開館と松永記念館の庭園等の整備に合わせ企画。松永記念館では、さらにその世界感に深く触れてもらおうとギャラリートークも企画し、1月15日には、弘明氏の長男で東北芸術工科大学教授の近藤一弥さんが来館した。幼少期から制作現場や展覧会にも同行していたという一弥さん。「幼い自分にも『この絵はどう思うか』と意見を求め、翌日には絵が変わっていることも」と制作時のエピソードも語られた。

 弘明氏は温暖な気候や都心への利便性を気に入り、1976年に52歳で東京から小田原へ転居して板橋にアトリエを設け、2015年90歳で亡くなるまで、そのアトリエで創作活動を続けた。いつも深夜に制作し、そばには自身のお気に入りの作品が数多く飾られていたという。「寄贈した作品は父が最後まで手放さなかった作品ばかり」とその画業をたどりながら語る一弥さん。また、代表作でもある『寂映』や『黄泉の華園』などのほか、御感の藤や長興山紹太寺の桜など小田原の景物に着想を得て描いた作品も多い。一弥さんは「市民に見てもらえればうれしい。研究などに役立てほしい」と思いを語った。小田原市は「今後も縁のある作家として紹介していきたい」と話している。

 観覧料は500円(高校生以下無料)。(問)郷土文化館【電話】0465・23・1377 

「寂静居」で制作する弘明氏(近藤一弥さん提供)
「寂静居」で制作する弘明氏(近藤一弥さん提供)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

葉祥明の世界を知る

葉祥明の世界を知る 文化

小田原短期大学図書館で展示

6月25日号

夜のアジサイ幻想的に

箱根登山鉄道

夜のアジサイ幻想的に 経済

7月3日までライトアップ

6月25日号

曽我の梅とコラボ

箱根小涌園

曽我の梅とコラボ 社会

ジェラートや温泉で

6月25日号

初戦快勝でシーズン開幕

初戦快勝でシーズン開幕 スポーツ

ベルマーレフットサル

6月25日号

パレード参加団体募集

湯河原やっさまつり

パレード参加団体募集 文化

6月25日号

自己最高収穫の5位

自己最高収穫の5位 スポーツ

JLPGA 佐藤心結さん

6月25日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook