「梅の花を満喫して」 2月5〜27日、梅まつり

文化

掲載号:2022年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 第52回小田原梅まつりの会場は、大きく曽我梅林(曽我別所会場)と小田原城址公園に分けられる。曽我梅林では十郎や白加賀などの白梅が約3万5000本栽培されており、箱根や富士山を背景に観梅できる。

 小田原の梅の歴史は古く、北条氏が統治していた以前から梅が栽培されていた。戦国時代には兵糧用にするため、城下に梅の木が多く植えられたという。箱根越えの宿場町として栄えた際には、旅人の必需品として梅干しが重宝された。食用梅の生産が目的のため、曽我梅林のほとんどが白い花の白梅となっている。

 曽我別所梅まつり観光協会の川久保和美さんによると、今年の開花は少し遅めの傾向にあるという。「曽我別所梅林では、特産の十郎をはじめ、白加賀、南高、杉田、枝垂れ梅など、数多くの品種を栽培しているため、長い期間にわたって梅の花を楽しむことができます。ぜひ、曽我の里の梅の花を満喫してください」と呼び掛けている。

 梅まつり期間中の土、日、祝日は、梅の里センター(曽我別所807の17)で普通自転車(1回500円)や電動アシスト付き自転車(1回1000円)の貸出を行っている。観梅以外にも別所会場近隣の史跡巡りなどにも利用できる。城前寺(曽我谷津592)には曽我兄弟や実母満江御前の墓と伝わる4基の五輪塔が立っている。自転車貸出に関する問い合わせは、NPO法人小田原ガイド協会【電話】0465・22・8800。

 なお、期間中におだわら市民交流センターで開催が予定されていた小田原梅まつり俳句大会と立春句会は、まん延防止等重点措置の適用で中止が発表されている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メダカの里親募集

メダカの里親募集 文化

27日 締め切り

5月21日号

小学生が茶摘み体験

小学生が茶摘み体験 教育

湯河原町の3校140人

5月21日号

8年ぶり県制覇で関東へ

旭丘高相撲部

8年ぶり県制覇で関東へ スポーツ

個人戦は3階級で優勝

5月21日号

時計の下に集合

時計の下に集合 経済

松風LCが35周年で寄贈

5月21日号

みんなでドンドコ祭り

みんなでドンドコ祭り 社会

5月29日 ブレンドパークで

5月21日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook