ハチが伝える地域環境 小田原フラワーガーデン

社会

掲載号:2022年5月28日号

  • LINE
  • hatena
養蜂体験の様子(小田原フラワーガーデン提供)
養蜂体験の様子(小田原フラワーガーデン提供)

 四季折々の花が咲き、来園者の目を楽しませている小田原フラワーガーデン。同公園ではミツバチの特性を生かした環境教育プログラム「はち育」を実施し、養蜂体験や園内で採れた蜂蜜を使った商品販売などを通して地域の環境や魅力を公園利用者に伝えている。

 「はち育」は、西武造園グループが管理運営する公園等で展開。環境の変化に敏感といわれるミツバチが半径約2〜3Kmの範囲で花から蜜を集めるため、「住みやすい環境」について考える機会を提供している。また採れた蜂蜜の商品開発等を地域の企業と連携して行うなど、地域活性化も図っている。

 県西地域では14年度から小田原フラワーガーデン、16年度からは隣接する県立おだわら諏訪の原公園がフラワーガーデンと連携してミツバチの飼育管理をしている。

 フラワーガーデンでは養蜂家の指導を受けながら、現在は巣箱を4箱設置。昨年は1年間で72kgの蜂蜜ができたという。「梅雨時はハチが外に出られず、餌を足すなど季節に合わせた対応が必要」とスタッフの嶋大樹さん。安全上飼育場所は公開していないが、この時季は園内のバラの蜜を集めるミツバチの様子を見ることができる。

体験などで魅力発信

 プログラムの一環でフラワーガーデンでは秋に小学生対象の養蜂体験を開催している。ハチの働きの解説や防護服を着た採蜜、試食等を体験する。参加者からは「良い経験になった」と好評という。同時期にスタッフの観察日誌公開や蜂蜜を使った石鹸作り等も実施。市内企業と開発した蜂蜜を使った飴等は春から秋にかけて販売され、味覚に触れる場を設けている。

 嶋さんは「蜂蜜は季節によって味も色も異なる。地域の自然や緑を知っていただく機会になればうれしい」と話している。

蜜を集めるミツバチ(左)と園内で採れた蜂蜜を使った商品
蜜を集めるミツバチ(左)と園内で採れた蜂蜜を使った商品

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

葉祥明の世界を知る

葉祥明の世界を知る 文化

小田原短期大学図書館で展示

6月25日号

夜のアジサイ幻想的に

箱根登山鉄道

夜のアジサイ幻想的に 経済

7月3日までライトアップ

6月25日号

曽我の梅とコラボ

箱根小涌園

曽我の梅とコラボ 社会

ジェラートや温泉で

6月25日号

初戦快勝でシーズン開幕

初戦快勝でシーズン開幕 スポーツ

ベルマーレフットサル

6月25日号

パレード参加団体募集

湯河原やっさまつり

パレード参加団体募集 文化

6月25日号

自己最高収穫の5位

自己最高収穫の5位 スポーツ

JLPGA 佐藤心結さん

6月25日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook