摩利支天市民の安寧願い天守閣で遷座奉安式

文化

掲載号:2016年4月30日号

  • googleplus
  • LINE
像の前に式台を設え奉安祈願が行われた
像の前に式台を設え奉安祈願が行われた

 天守閣の最上階に再び安置された摩利支天の遷座奉安式が23日に行われた。

 導師を務めたのは、大久保家の菩提寺で市内城山にある大久寺の小林正雄住職。大久保家にゆかりの深い妙圓寺、妙覚寺、大乗寺、最上寺の住職らも出仕した。

 天守閣の摩利支天像は、第7代小田原藩主の大久保忠朝が奉納したとされる。式には、大久保家子孫の大久保朝猛さん(42)も東京から駆け付けた。

 小林住職は「滞りなく終わりほっとした。(摩利支天に)これからも城と市民を守ってもらえれば」と式のあと、安堵の表情を浮かべた。また小林正行副住職は「この機会に北条から大久保に続く歴史の流れをPRしたい」と語った。

  • googleplus
  • LINE

小田原版のローカルニュース最新3件