足柄版 掲載号:2011年1月22日号
  • googleplus
  • LINE

店屋場祭典世話人会の代表幹事 竹内 迪雄(みちお)さん 松田町松田惣領在住 72歳

新興地域活性化の牽引役

 ○…松田町の店屋場自治会で、初の道祖神祭・どんど焼きを開催まで牽引した元自治会長。現在は店屋場祭典世話人会の代表幹事を勤め、同地区の催しを縁の下から支える。「集まりが良く、人の輪がある地域。若い人が多いので、これからどんどん活性化してほしい」と地域に期待を寄せた。

 ○…小田原市出身。小学生の頃に松田町の神山地区へ引越し、30代後半に店屋場地区に移り住んだ。当時、町屋地区と合わせて『1区』と呼ばれていた店屋場地区は、人家が数件ある程度の田園風景。「家を建てるにも道路が無かった。嘆願書を書いて、町に提出したものだよ」と当時を振り返る。その後、バブルを境に世帯数が急増し、現在では町内で2番目に多い336世帯にまで増加した。「新住民が多い分、新しいことを始める際もスムーズに進む」と地域の特長を語った。

 ○…元国鉄マン。東京鉄道管理局勤務や御徒町駅長、関東鉄道学園の教壇に立ち後進に指導したこともある。管理局時代に労働組合との交渉を担当した経験が、行政などと折衝する現在に活かされている。周囲に推され、自治会長に就任したのは2002年4月、以来3期6年を務めた。その間、寒田神社の神輿巡幸が店屋場地区でも練り歩くように交渉し、町屋地区から子ども神輿も譲り受けた。また会員から寄付を募って河川敷に桜を植樹。桜祭やバス旅行、運動会等を企画し実行した。「設立まもない店屋場自治会を周囲に認めてもらい、また地域住民が親交を深め、助け合える風土を作りたかった。成功してこられたのは皆さんの協力のおかげ」。

 ○…鉄道OB会や大名行列保存会等、町内外で様々な役を務める。一昨年前にはNPO活動のため、ホームヘルパー2級の資格も取得。多忙だが毎日2万歩のウォーキングは欠かさない。「健康第一で、常に”何かやってやろう”という気持ちでいたい」。情熱を燃料に列車は走り続ける。
 

足柄版の人物風土記最新6件

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

山口 貴弘さん

あしがら青年会議所の新理事長に就任した

山口 貴弘さん

1月1日号

菊地 昌子さん

交通指導隊員として30年活動し県警本部長表彰を受けた

菊地 昌子さん

12月16日号

瀬戸 忠さん

「千津島花紀行」の創設メンバーで事務局長を務める

瀬戸 忠さん

12月9日号

石田 勝也さん

丹沢湖畔のそば店でアート展を開く

石田 勝也さん

12月2日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク