足柄版 掲載号:2011年1月29日号
  • googleplus
  • LINE

天皇陛下の御製を吟詠した 生沼 清さん 南足柄市生駒在住 80歳

伝統文化を次世代に

 ○…南足柄市の平成23年賀詞交換会の会場で、天皇陛下が全国植樹祭のことを詠まれた御製『雨の中あまたの人と集ひ合ひ 苗植ゑにけり足柄の森に』を尺八と琴の音色に乗せて、見事に詠いあげた。「間違えたら大変なことになると思い緊張した。普段用意しない譜面台も用意したりしてね」と大役を果たした満足感を覗かせる。

 ○…40歳の時に吼山流相洋中谷吟詠会で詩吟を始め、詩吟歴は40年。詩吟や剣舞、詩舞などの7団体が加盟する南足柄吟詠剣詩舞道連盟の理事長を務める。全国植樹祭を記念して作られた『植樹祭を祝う』を詠ったプレイベントに続き「せっかくの機会なので」と依頼を引き受けた。「詩吟をやっている人以外の前で詠うことはなかなかないから、詠い終えた後、知り合いから驚かれた」と照れ笑いを見せる。

 ○…3期13年、議長も務めた市議会議員をはじめ、自治会長や森林組合長、1市5町防犯指導員連絡協議会長など様々な役職を歴任し、長年にわたり地域へ貢献してきた。「市議時代に力を入れた飯沢・栢山線がやっと実現し、開通したのが嬉しい。厳しい時代だが、堅実に市政を進めてほしい」と一線を退いた今も地域に対する熱い想いは変わらない。

 ○…「以前より少しは時間が取れるようになったから」と、最近は63歳の頃から始めたゴルフに行くことが楽しみ。議員時代の仲間や、自治会や地域の仲間などと年間20回ほどコースを回っている。「先日、川奈で初めて100を切れた。次の目標は90前後を目指したい」といまだ気力体力ともに衰えを見せない。

 ○…詩吟を習い始めた頃先生に言われた”うまく歌うことよりも長く続けることが大事”ということが最近になってようやくわかってきた。「今後も詩吟などの伝統文化を次世代に伝えていくためにも活動を続けていきたい」と自らの役割を果たしていく。
 

足柄版の人物風土記最新6件

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

山口 貴弘さん

あしがら青年会議所の新理事長に就任した

山口 貴弘さん

1月1日号

菊地 昌子さん

交通指導隊員として30年活動し県警本部長表彰を受けた

菊地 昌子さん

12月16日号

瀬戸 忠さん

「千津島花紀行」の創設メンバーで事務局長を務める

瀬戸 忠さん

12月9日号

石田 勝也さん

丹沢湖畔のそば店でアート展を開く

石田 勝也さん

12月2日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク