足柄版 掲載号:2011年1月29日号
  • googleplus
  • LINE

山 北 町 手づくり演劇で認知症を伝える 「認知症高齢者を地域で支える集い」で町健康マイスターが初舞台

本番前に練習に熱が入る「匠座(たくみざ)」座員
本番前に練習に熱が入る「匠座(たくみざ)」座員

 山北町中央公民館で明日30日(日)午後2時から開催の「認知症高齢者を地域で支える集い」で、住民による手づくりの劇団が「山北さんちのこと〜おじいちゃんが認知症になった〜」で初舞台を踏む。

 劇団の名前は『山北町健康マイスター劇団・匠座(たくみざ)』。この劇団は「健康町民のまち」を目指す同町が平成19年度から毎年養成している「町健康マイスター講座」の卒業生らが立ち上げたもので、町職員や社会福祉協議会事務局長らも配役に加わっている。脚本や演出、大道具も”健康マイスター”が自分たちで手がけた。マイスターの平均年齢は65歳。昨年11月頃からスタートし稽古を重ねてきた。劇は三世代同居の家庭が舞台で3幕で構成される。時間は約35分。劇の途中には、認知症に詳しい大木教久さん(大木医院副院長)による解説がところどころで入る予定。演劇終了後には、大木医師による認知症についての講演も行われる。

 脚本の素案を作った町健康づくり課の堀田往子さんは「マイスターの活躍をぜひ見てください」と呼びかけている。集いは参加自由で入場無料。来場者には粗品が進呈される。

85歳以上10人に4人が認知症に

 平均寿命の延伸により認知症患者は増加しているが、高齢化率28・3%(平成23年1月)の山北町では介護認定者の6割が認知症を患っているという。町統計によると認知症は60歳代では1000人に3人だが、70歳代では30人に1人に、85歳以上では10人中4人と大幅に増える。認知高齢者を地域で支えていくことが必要になっている。
 

足柄版のトップニュース最新6件

土地利用、手続き大詰め

南足柄市道の駅計画

土地利用、手続き大詰め

1月20日号

映画でまちおこし

18年度に実施設計へ

(仮称)大井中央公園

18年度に実施設計へ

1月13日号

「昨年の5倍増」

2018年春県内スギ花粉飛散量

「昨年の5倍増」

1月13日号

「隠れ待機」明らかに

おめでとう!新成人

本紙発行エリアで1,070人が門出

おめでとう!新成人

1月6日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク