足柄版 掲載号:2011年3月5日号
  • googleplus
  • LINE

足柄消防組合 火災と救急・救助 共に増加 平成22年災害概要を発表

社会

 足柄上地域1市5町を管轄する足柄消防組合が、このほど平成22年1月から12月までの火災発生状況と救急・救助件数を発表した。

 発表によると、管内で平成22年中に発生した火災総件数は37件で、前年(31件)より増加した。このうち建物火災が17件と最も多く、全体の約45%を占める。増加件数の内訳は建物火災が3件増、車両火災が2件増、その他の火災が2件増。火災の原因は、放火および放火の疑いが10件(前年4件)で、たばこやコンロ、火遊びなどによる火災も多かった。また市町別では南足柄市が8件(前年比1件減)、中井町が6件(同5件増)、大井町が5件(同1件減)、松田町が3件(同2件減)、山北町が10件(同4件増)、開成町が5件(同1件増)だった。

救急出場も増加

 一方、平成22年の救急出場件数は4162件(前年3924件)、救助出場件数が73件(前年54件)とこちらも増加している。1日当たりの出場件数は11・4件(前年10・8件)。

 このうち救急出場では、65歳以上の高齢者への出場件数が2143件で前年比207件増、熱中症での出場件数が57件で前年比49件増とそれぞれが大幅に増えたことがわかった。また救助件数では、交通事故が34件、山岳遭難事故関連が9件、水難事故が4件だった。

 同組合では、火災については「3月と11月の火災予防運動期間を中心に警戒巡視や予防啓発を図り、住宅用火災警報器の設置期限が近いことも強く呼びかけていく」とし、救急・救助については「引き続き救急車の適正利用を呼びかけていくと共に、登山ブームに対応するため山岳事故を想定した訓練や注意喚起のチラシ配布を行うなどの予防対策を図っていく」と話している。
 

足柄版のトップニュース最新6件

土地利用、手続き大詰め

南足柄市道の駅計画

土地利用、手続き大詰め

1月20日号

映画でまちおこし

18年度に実施設計へ

(仮称)大井中央公園

18年度に実施設計へ

1月13日号

「昨年の5倍増」

2018年春県内スギ花粉飛散量

「昨年の5倍増」

1月13日号

「隠れ待機」明らかに

おめでとう!新成人

本紙発行エリアで1,070人が門出

おめでとう!新成人

1月6日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク