足柄版 掲載号:2011年3月26日号
  • googleplus
  • LINE

拡がる支援の輪 各市町で被災者受け入れへ調整進む

 東日本大震災を発端とする福島第一原発事故や東京電力による計画停電などの影響が足柄地域でも拡がる中、各市町では県と連携し、公営住宅や公共施設での被災者受け入れに向けた調整が進められている。

 3月23日現在、県内では計721戸の公営住宅と公共賃貸住宅を受入住宅として確保している。このうち足柄上地域では南足柄市=6戸、山北町=5戸、開成町=1戸の計12戸ある公営住宅が被災者の受入住宅として提供されることになる。

 また、県を通じた被災者受け入れの調査に対し、南足柄市では体育センターを活用し140人、松田町では寄自然休養村管理センターで25人、山北町では3月25日に閉校した共和小学校で30人、大井町では総合体育館の柔剣道場で100人、開成町では福祉会館や自治会館で100人受け入れ可能と、それぞれ回答している。
 

足柄版のトップニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク