足柄版 掲載号:2011年10月1日号
  • googleplus
  • LINE

1本からの被害者支援 松田自動車学校に賛助自販機を設置

稼動を祝いテープカット
稼動を祝いテープカット

 犯罪被害者支援活動へ売り上げの一部が寄付される犯罪被害者支援賛助自動販売機が、相模ベンディング(株)とダイドードリンコ(株)の協力で松田自動車学校に設置され、9月23日、記念式典が行われた。

 神奈川県では県警察と県、特定非営利活動法人神奈川被害者支援センターが協力し「かながわ犯罪被害者サポートステーション」を設置して、犯罪被害者支援の活動を行っている。同センターの活動は、県からの補助金や寄付金などによって運営されているが、支援件数の増加に伴い、財政的に厳しい運営を強いられているという。

 そうした状況の中で今回、松田自動車学校からの提案を受け、2社が協力する形で犯罪被害者支援賛助自動販売機を設置。この自動販売機の売り上げの中から2%が毎月同センターに寄付される。

 松田自動車学校の千村憲一社長は「私たちもいつ犯罪の被害者になるかわからない状況の中、支援センターの活動は地域にとって大切なもの。この取り組みが広がれば大きな力になるはず。地域の安全の向上に関係する事を生業にしている立場からも協力したい」と話している。

 相模ベンディング(株)の加藤哲也代表取締役は「地域の飲料水販売業者としてできる支援活動だと思い、協力させて頂きました。少しでも犯罪被害者の方の力になれば」と話す。

 また式典終了後には、交通事故被害者遺族である高森節子氏による講演会「命のメッセージ」も開かれた。
 

足柄版のトップニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月17日号

お問い合わせ

外部リンク