足柄版 掲載号:2011年10月8日号
  • googleplus
  • LINE

南足柄市美術協会の会長を務める 湯川 喜久雄さん 南足柄市在住 67歳

地域美術の先導者

 ○…創立40周年を迎えた南足柄市美術協会の会長。発会時から会長職を務め、地域の文化振興に尽力してきた。40周年記念の南足柄市美術展は10月9日まで同市文化会館で開催している。「郷土愛を持ち、仲間と共に力を合わせてここまでやってきた。40年を節目に、次世代を担う人材の育成をはじめ地域の将来を考えながら美術文化の向上に取り組んでいきたい」。知性を湛えた穏やかな瞳の奥に、美術にかける静かな情熱が伺えた。

 ○…南足柄市岩原の出身。中学校までは美術に特別の興味を持っていなかったという。転機が訪れたのは修学旅行の時、京都で銀閣寺と周囲に茂る松の木の風景に目を奪われた。「”美しい””素晴らしい”という嬉しさがこみ上げてきた。あれだけ感動したのは初めての経験だった」と目を細め振り返る。これが出発点となり、高校では美術部に所属。銀閣寺の思い出を描いた作品を南足柄町(当時)の文化祭に出展したところ、最優秀賞の町長賞に選ばれた。その後、多くの展覧会で受賞歴を持つに至る。

 ○…日大芸術学部に学び、町役場に入庁後も創作活動は続いた。庭のアトリエで近隣の子どもたちに絵を教えたこともあったという。昭和47年、南足柄市の誕生に合わせて15人程の若手美術家で結束し、市美術協会を発足させた。展覧会等で作家がバラバラに競い合っていた当時の状況を変え、郷土の美術文化を守っていこうという思いが結実した瞬間だった。以後40年、市美術展や新春展、写生会等を開催してきた。「人間は衣食住だけではダメ。地域に文化の芽を絶やしてはならない」と真摯に語る。教育部長や福祉部長などを歴任後、定年退職。以降は、人権擁護委員や文化会館あり方検討委員会副委員長などを務める。

 ○…孫に絵を見せて、率直な感想を聞くのが最近の楽しみ。「70歳になったら個展を開きたい」。あふれる夢と共に、絵筆は動き続ける。
 

足柄版の人物風土記最新6件

岡田 明日美さん

山北町で野外保育を行うグループの代表を務める

岡田 明日美さん

3月17日号

田代 博美さん

松田山ハーブガーデンに13年間勤務した

田代 博美さん

3月10日号

山口 冨美男さん

福沢神社の総代代表を務める

山口 冨美男さん

3月3日号

森 隆信さん

瀬戸酒造の自家醸造を復活させた

森 隆信さん

3月2日号

津川 真人さん

日本リトルシニア全国選抜野球大会に導いた

津川 真人さん

2月24日号

湯浅 俊作さん

杜氏として新たな酒造りに挑む

湯浅 俊作さん

2月17日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月17日号

お問い合わせ

外部リンク