足柄版 掲載号:2011年11月12日号
  • googleplus
  • LINE

ざる菊まつりに大視察団 富士宮市から130人

色鮮やかな花に感嘆の声
色鮮やかな花に感嘆の声

 市内各地でざる菊が見頃を迎えた11月9日、南足柄市と花による都市交流「フラワーフレンドリーシティ」の協定を結ぶ静岡県富士宮市から視察団約130人が3台のバスに乗り合わせ、矢倉沢で開催されている「矢倉沢ざる菊まつり」を訪れた。

 今回視察に訪れたのは富士宮市内で季節ごとにパンジーやビオラなどを植栽する活動をしている芝川花そう会(野村晏弘会長・会員数=139人)、富士宮花の会(太田和雄会長・会員数=140人)の2団体。

 里山に色とりどりのざる菊が咲き誇る光景を目にすると「本当に素晴らしい。これだけの規模に育てるのは本当に大変だと思う」と感嘆の声が上がっていた。

 富士宮市では今後、ざる菊なども取り入れながら花による地域おこしを進めていくことが検討されている。
 

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月17日号

お問い合わせ

外部リンク