足柄版 掲載号:2012年1月28日号
  • googleplus
  • LINE

街づくりを推進する民間団体「あしがらDPN」の代表 笠井 進さん 横浜市青葉区在住 47歳

市民活動を根付かせたい

 ○…3年前の夏、気が合う仲間が集まったときに自然とまちづくりの話が出た。県西部に注目が集まっていた合併構想が終息した頃だった。「縦割りではない経済圏、広域的な足柄平野のくくりで何か出来ないかと思ったんです」。翌年発足させた会の名前はDPN。Discover Precious Natureの略だ。数人で始めた会は、西湘地域の若手経営者や会社員、主婦など100人を超えるまでになった。南足柄市の市民活動団体に登録。このほど、市制40周年を記念し準備が進められている市民活動フェスの副実行委員長にも就任した。

 ○…南足柄市育ち。岡本小、中学校から西湘高校へ。スポーツマンで中学時代は野球部などで汗を流した。塚原で不動産会社(有)創進を設立したのは十数年前。県内の業界ではいち早くパソコンを活用するなど、その行動力、実行力は抜群だ。キャノン電子・酒巻社長の著書を読み、椅子を社内からなくして効率化を図った取り組みには、市内外から視察があるという。生活保護者や母子家庭、外国の人などの住居選びにも力を入れており、仕事を通じ「住みたくなるまちにしたい」という想いがだんだん強くなったと話す。

 ○…「市民活動を地域に根付かせていきたい」と熱く語る。「これからの時代、行政を支える主軸になっていくのは市民団体だと思う」。既存の自治会などの団体とともに活動していきたいと意欲を持つ。「個人的には箱根町が周辺を含み広域的な市になるのもありだと思うよ」。その発想は柔軟で、氏の周りにはいつもまちづくり談義が絶えない。「街づくりは人づくりから。人づくりはコミュニケーションから始まるものだと思う」。会話が広がるきっかけにしたいとハイキング、座禅体験、フリマ等も会で主催している。横浜に居を構え、電車で通勤する。大学生と高校生の3人の父親。休日は夫人と歌舞伎などを楽しむ愛妻家でもある。
 

足柄版の人物風土記最新6件

湯浅 俊作さん

杜氏として新たな酒造りに挑む

湯浅 俊作さん

2月17日号

根本 佐和子さん

みらい映画館まつだを企画した

根本 佐和子さん

2月10日号

瀬戸 貴代さん

ギャラリーNEW新九郎で絵画展を開く

瀬戸 貴代さん

2月3日号

柳川 幸也さん

地域の子どもたちに昔ながらの遊びを伝えている

柳川 幸也さん

1月27日号

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク