足柄版 掲載号:2012年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

副院長に聞く―― 医療レポート 検診は必要なのか? 足柄上病院シリーズ【6】「がん」は早期発見が治療の鍵に

足柄上病院・玉井拙夫副院長
足柄上病院・玉井拙夫副院長

 特定の病気を早期に発見し、早期に治療をすることが目的の検診。代表的なものに「がん検診」がある。検診は本当に必要なのか? 今回は県立がんセンターでがんの治療にあたった後、保険福祉事務所長や県健康増進課長を務め、がん対策や予防などで県民の健康増進に向けた施策づくりの先頭に立ってきた、玉井拙夫副院長に話を伺った。

 「がんができても、まったく症状のない期間があります。この段階のときに検診で見つかると、5年後の生存率は、自覚症状が出てからに比べて上がります」(玉井副院長)。早期発見により、胃がんでは内視鏡で病変を一括切除できる治療、乳がんでは乳房の温存療法などが可能になる。「例えば大腸がんの場合、便潜血反応検査により陽性反応が出るのは1万人に600人で、全体の6%。要精密検査では600人に24人が、がんと診断されます」。検診は自治体、勤務先、人間ドックなどで受けることができるが、県西部は受診率が低いといわれる。「精密検査も昔に比べて楽になっています。特定の年齢の人を対象に無料クーポンを出している自治体もあります。最終的にはご自分の判断になりますが、1年に1回は受けることをお勧めします」。

取材協力/県立足柄上病院
 

地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1

TEL:0465-83-0351
FAX:0465-82-5377

http://ashigarakami.kanagawa-pho.jp/

足柄版のピックアップ(PR)最新6件

屋内墓地としての納骨堂

「乾杯フォト」募集中

松田町

「乾杯フォト」募集中

2月17日号

高校進学に新たな選択肢

本堂で涅槃(ねはん)図のお絵解き

2月15日(木)午後2時から 南足柄弘済寺

本堂で涅槃(ねはん)図のお絵解き

2月10日号

「一度見たら、住みたくなる」

家計に優しい最新技術の家

「一度見たら、住みたくなる」

2月3日号

旅情たっぷりの空間

限定20区画墓地分譲

旅情たっぷりの空間

1月20日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク