足柄版 掲載号:2012年4月7日号
  • googleplus
  • LINE

"里の風笛"の響き届けて 自作の笛の演奏活動が話題

懐かしい音色が響く
懐かしい音色が響く

 旅先での不思議な体験からヒントを得て製作したオリジナルの笛「里の風笛」で、福祉施設や足柄地域を中心に各種イベント等で年間数十回にわたって演奏活動を行っている南足柄市在住の小湊こうせいさん。昨年は故郷の福島県へ出向き、福島第一原発の事故によって避難生活を強いられている人々の慰問に訪れ、笛の音を披露するなど、精力的な活動を続けている。

 小湊さんの「里の風笛」はシリコン製のチューブから竹筒に息を吹き込み、筒の上下に両手を当てて音域を調整する不思議な笛で、柔らかな音色が特徴。「いい音が連続して出る笛」として特許庁の実用新案簿にも登録されている。小湊さんは「優しい笛の音色を多くの人に聞いてもらえれば」と話している。

 小湊さん【電話】73・3172。
 

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク