足柄版 掲載号:2012年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

「おんりーゆー」で作品展を開催している 辰馬 健蔵さん 元・富士フイルム取締役 83歳

思い出の地で作品を披露

 ○…南足柄市にある温泉施設「おんりーゆー」で、オランダを拠点にヨーロッパ各地で描きためた風景画などの作品展を開催している。「南足柄市は自分が青春時代を過ごした第二の故郷で知り合いも多い。そういう場所で作品展ができることを光栄に思います」。定年後の趣味として始めた油絵作品は深みがありながらも鮮やかな色合いが特徴。現在は「一線美術会」の委員も務めている。

 ○…元富士フイルム取締役。南足柄市は富士フイルム足柄工場(現・神奈川工場・足柄サイト)の印画紙部に勤務していた20代〜40代の間、青春時代を過ごし、3人の子どもたちを育てた思い出深い土地。「独身時代に仲間たちと酒を酌み交わした店や理髪店がまだ健在だったことに嬉しくなった」。作品展の開催を知った昔の同僚から何十年ぶりに手紙が届くという嬉しい出来事もあった。

 ○…ブラジル工場の立ち上げに携わったことからその後、インドネシアや韓国など、同社の海外進出の中心的な役割を務め、ヨーロッパの拠点工場としてオランダ工場で現地社長を長年務めた。退任後、オランダ政府から日本企業のオランダ進出の際のアドバイザーの要請を受けて両国の友好にも貢献している。

 ○…「オランダ勤務時代にゴッホをはじめ、素晴らしい絵画作品に触れることができたのも絵を描くきっかけだった」。サラリーマン時代は仕事が趣味というくらい無趣味だったが、定年を機に「一線美術会」の幹部だった元上司の紹介で洋画家の築野俊一氏に師事して油絵を描き始め、現在でも夏になるとオランダへ渡り、ヨーロッパ各地の風景を描き続けている。

 ○…「はじめはなかなかうまく描けなかったのが、何年か続けていくうちにどんどんおもしろくなってきた」。定年から20年、第二の青春を創作活動に捧げる姿に、まるでキャンバスと一心不乱に向き合う青年画家のような情熱を感じた。
 

足柄版の人物風土記最新6件

湯浅 俊作さん

杜氏として新たな酒造りに挑む

湯浅 俊作さん

2月17日号

根本 佐和子さん

みらい映画館まつだを企画した

根本 佐和子さん

2月10日号

瀬戸 貴代さん

ギャラリーNEW新九郎で絵画展を開く

瀬戸 貴代さん

2月3日号

柳川 幸也さん

地域の子どもたちに昔ながらの遊びを伝えている

柳川 幸也さん

1月27日号

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク